たかの特撮ブログ

特撮ブログです。
ウルトラシリーズを軸に
特撮関連の記事を書いています。

     11月27日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第19話「救世主の資格」はキリエロイド登場回。脚本は根元歳三。監督は田口清隆。

     前回の幻覚の原因はモルフェウスRという宇宙線だったことが判明(『ジード』でモルフェウスDという用語が出て来たがその亜種か?)。幻覚作用が原因で、闇の3巨人のうち、カルミラとヒュドラムが仲間割れ。地球に降り立ち暴れる3巨人を止めるべくトリガーが登場。ユナも再びユザレへの覚醒を果たす。3巨人は去るが、今度はキリエロイドが登場。シズマ会長の中の光をユナが導き出し、そこからティガ降臨。ティガとトリガーの共闘でキリエロイドを倒す。

     待望のティガ登場ということで、ティガ好きを明言している田口監督が登板。BGMやSEへのこだわりを見せてくれた。パワータイプ同士、スカイタイプ同士、そしてマルチタイプ同士でそれぞれダブル必殺技を発射。宿敵キリエロイド相手に王道の演出を見せてファンを喜ばせてくれた。

     ただ、シズマ会長が変身するかと思いきや、スパークレンス単独でティガになってしまったところの解釈はファンの間で一波乱ありそうだ。シズマ会長がもといた世界で共に闘ったティガの記憶をユザレの力が見出し、具現化させた、と捉えればいいのだろうか。

     縦軸状ではケンゴがカルミラの哀しみに気付き、カルミラの涙を感じ取ったところが気になるところ。今後どう展開するのか。

     脚本としては今回もあまり面白くなかった。キリエロイド回ということで思い切って闇の3巨人や縦軸部分はバッサリ省いて、キリエル人を絡めた不気味さと怪奇満点の話の展開が欲しかった。根元歳三と田口清隆のコンビの相性の問題だろうか。あるいは全体的なシリーズ構成の圧が強い故の弊害だろうか。せっかく綺麗な(綺麗すぎて逆によくなかった)キリエロイドの着ぐるみを作ったのだから、もっと映えるというか、立たせるための脚本作りが必要だった気がする。どうもこのままだとトリガーを好きになれずに終わる気がする。。。

    cf.)第18話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/12649581.html


    [参考]
    TV『ウルトラマントリガー』©2021円谷プロ・ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     11月20日(土)に放送された『ウルトラマントリガー』第18話「スマイル作戦第一号」はゴルバーⅡ登場回。脚本は根元歳三。監督は田口清隆。

     GUTS-SELECTのメンバーが謎の精神攻撃に侵され、チームワークが乱されてしまい、ゴルバーⅡの退治にも手こずる。一見、息抜きしながら観られる娯楽回と思わせておきながら、終盤でのどんでん返し=種明かしを経て、最後にキリエル人のような謎の男が現れて終わる。キリエロイド登場の予告編だった。

     正直、テンションで乗り切ろうとしている感が否めなく、あまり面白くなかった。もう第18話で、シリーズ構成的にも一旦落ち着いてきた頃なので、そろそろ腰を据えて隊員ひとりひとりに焦点を当てた1話完結の深掘り回を入れてもいいと思うのだが、まだまったく深掘りされていない隊員もいる。GUTS-SELECTにイマイチ愛着が持てないのはそのせいだろう。

    cf.)第19話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/12742448.html

    cf.)第17話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/12554622.html


    [参考]
    TV『ウルトラマントリガー』©2021円谷プロ・ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     11月13日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第17話「怒る饗宴」はメツオロチ登場回。脚本は植竹須美男。監督は越知靖。

    ・トリガー、メツオロチの攻撃で一発退場。メツオロチの強さが表現されている。頭上の空間からビームが出る描写は『ウルトラマンZ』(2020)第19話「最後の勇者」で出て来たバラバを想起させる。

    ・ガーゴルゴンキーを使用したナースキャノンでメツオロチの石化に成功。しかし、反動でナースデッセイ内部も石化してしまい、落下。迫力の不時着カット。

    ・20時間後にはメツオロチの石化が解けてしまう。タツミ隊長の的確な指示の一方、ユザレの力が使えず意気消沈するユナ。励ますケンゴと仲間たち。仲間感を感じる。

    ・イグニスの回想。イシュリアの仲間たちがヒュドラムによって石化する。ヒュドラムの言う「食べる」とは本当に捕食するのではなく、おそらく生体エネルギーを吸い取って石化させることを言うのだろう。捕食でなくてよかった。

    ・旧式の兵器群で対抗するGUTS-SELECT。マシンガン系武器やグレネードランチャーなどで一斉射撃。しかし効かず、早めの復活を果たすメツオロチ。ツノが要らしい。

    ・イグニス、線路沿いを歩き、逃げ行く人々にイシュリア星での悲劇を思い出し、変身。電車待ちしたのだろう、ちょうど電車が通っていた。

    ・ファルコンが落下し、ケンゴが中に乗り込み操縦。メツオロチの角を折ることに成功する。やっぱり飛行メカは遠隔操作よりも生身の人間が搭乗した方が臨場感や緊迫感が出る。

    ・カルミラ乱入「トリガ~!」ではなく、「ケンゴ~!」と恨み節のような声を上げる。トリガーを変えてしまったケンゴに標的を変えたようだ。そこへトリガーダークが割り込む。

    ・目の電飾を消したのだろうか、白目のメツオロチは狂っている感じが出て良い。トリガー、エタニティへ。二刀流の回転斬りでメツオロチ撃破。カルミラが蹴とばしたサークルアームズをトリガーダークが掴み、ホロボロスキーとザイゴーグキーの両方を使い、カルミラと一騎打ち。この辺は展開が目まぐるしい。

    ・カルミラ、傷を負う。トリガーの前に立ちはだかるGUTS-SELECTメンバーたち。おそらくゼットンキーを使った火球ショットを準備している模様。ダーゴンがカルミラを止め、退却する。ここも仲間感を感じるシーンだった。

    ・トリガーダークキーを取られ、捕虜となるイグニス。イグニスの介入で良かった面もあったが、そこは情状酌量されないのだろうか。


     仲間のいるケンゴ=トリガーと孤独なイグニス=トリガーダークが対照的で、そこを浮き彫りにしたかった脚本という印象。しかし、カルミラが計画性もなくただ乱入してきたところはカルミラらしくない振る舞いに見え、意味不明であるし、蛇足だった。特撮の迫力を求めることに注力しすぎて、大事な話の展開がごちゃごちゃしてしまっている。もう少し焦点を絞って丁寧に描いた方が消化不良を起こさないと思うのだが、どうだろうか。

     「監督の一番の仕事は面白い脚本を書いてもらうこと」と満田監督は言っていたが、脚本作りがおざなりになっている気がする。要素が多すぎて何がしたいのかよく分からない回だった。

    cf.)第18話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/12649581.html

    cf.)第16話はこちら→tokusatsu-ultra.xyz/archives/12446612.html

    [参考]
    TV『ウルトラマントリガー』©2021円谷プロ・ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村


    このページのトップヘ