たかの特撮ブログ

特撮ブログです。
ウルトラシリーズを軸に
特撮関連の記事を書いています。

     9月4日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第7話「インター・ユニバース」はバロッサ星人(四代目)登場回。脚本は小柳啓伍。監督は田口清隆。

     ・キングジョーSCを強奪して宇宙空間を逃げるバロッサ星人四代目。声は田口監督自らが担当。それを追うゼットとセブンガー(宇宙仕様)。ヨウコ(松田リマ)は今回は声だけの出演だった。

    ・バロッサが放ったブルトンにより異次元空間に吸い込まれるゼット。その最中、バロッサとの闘いでライザーが壊れ、メダルをケースごと奪われてしまう。いきなり波乱の展開。

    ・トリガー世界の地球に落下したキングジョーSC。内部を探るケンゴたち。アキトはペダニウムに興奮する。科学者らしい。

    ・ハルキと出会い、インナースペースに案内されるケンゴとアキト。ゼットの第一声「ナイスチューミーチュー」には笑った。会話の様子を盗聴するイグニス。その手にはザラブ星人の万能小型デバイスが。これもどこかでゲットしたものだろうか。

    ・闇の3巨人、建物の屋上からバロッサを監視。日光の下にいる3巨人はまた違った趣を感じる。前回の戦闘のダメージが残っている様子のヒュドラム。「エタニティ・コア」が無事だったらしいが、カラータイマーのようなものだろうか。

    ・ベビーザンドリアス・ケダミャー登場。バロッサの肩に乗り、通訳のように話す。イグニスと宝の見せ合い。オコリンボールの吸血ボール。コダイゴン・ジ・アザーの鯛。バグダラスの羽。小型デスモニア。最後の2つは明かされなかったが、何だろうか。

    ・巨大化したバロッサ対トリガーマルチタイプ。ギルファスの武器を操り、トリガーを苦しめるバロッサ。

    ・アキトにゼットオリジナルキーを作ってもらうが、スパークレンスの使い方を聞かずに変身しようとするハルキ。インナースペース内で誤って撃ってしまい、ゼット被弾。このあたりもゼットらしい。オリジナルのぐんぐんカットは初。

    ・車を投げたり、ビルを投げたり、やりたい放題のバロッサ。そこへベリアロク登場。「捜しただろが!」とゼットのもとへ。ベリアロクを持つゼットオリジナルも新鮮。

    ・バロッサは撃破され、イグニスは意外と素直にメダルをハルキに返す。帰り際にベビーザンドリアスの糞を額に喰らう。今回はコメディ的扱いだった。


     『トリガー』の7話というよりは、完全に『ゼット』の後日談というような印象だった。全体的にコメディタッチのドタバタ劇で、『ゼット』らしいクスッと笑わせるような演出が多数垣間見られた。

     ハルキは先輩ウルトラマンらしく、大柄な体格を生かした歩き方やケンゴへの受け答えも余裕が見られ、成長ぶりが頼もしかった。少し頬が膨らんで丸顔になった印象。

     もともと『ゼット』は2020年に開催される予定だったオリンピックのために、劇場版はなく、テレビシリーズだけであった。それだけに今回客演という形で復活させることができて、田口監督も嬉しかったことだろう。しかも2話連続の登場のようだ。

     次回はなんとパワード・ダダが登場。令和の世にパワード・ダダが復活するなんて。意外中の意外チョイス。田口監督のアイディアだろうか。楽しみでならない。

    cf.)第8話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/11519363.html

    cf.)第6話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/11238712.html


    [参考]
    TV『ウルトラマントリガー』©2021円谷プロ・ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     8月28日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第6話「一時間の悪魔」はサタンデロス登場回。脚本は根元歳三。監督は武居正能。

    ・いきなりサタンデロスに敗北するトリガー。ゼペリオン光線も効かず、バリアで弾かれてしまう。それを眺めるイグニス。何か思うところがあるようだ。

    ・サタンデロスが地球に現れてから、トリガーは既に3連敗したらしい。マルゥルの情報により、もとはギガデロスだったことが判明。

    ・イグニスがナースデッセイ号の作戦室に登場。100年前に滅ぼされた星、リシュリア星の出身らしい。ということは少なくとも100歳以上の年齢ということか。

    ・ナースキャノンでバリアに亀裂を入れ、イグニスがそこに飛び込み、バリア発生装置を破壊する作戦が決定する。

    ・イグニスとの会話でユナに正体を気付かれそうになり、「鳥がー!」と叫ぶケンゴ。誤魔化し方が苦しい。

    ・シュミレーションを完了したヒマリ「こっちもOK!」満面の笑み。普段クールな分、笑顔がまぶしい。

    ・作戦成功寸前でヒュドラムの妨害!マルチタイプ参上!GUTS-SELECTがサタンデロスを、トリガーがヒュドラムを、それぞれ相手にする。

    ・ユナ、一瞬覚醒し、ヒュドラムの攻撃を防ぐ。

    ・スカイタイプ、ソードも普通に使えることが判明。フェンシングのような高速乱れ突きがカッコよかった。

    ・サタンデロスはナースキャノンで、ヒュドラムはランバルト光弾で撃破。スカイタイプのケツをあおり、奥にもくもくと上がる煙のカット。今までありそうでなかったアングルが新鮮だった。

    ・イグニスの回想。リシュリア星を滅ぼしたのはヒュドラムだった。「1人食べ残してしまったようです」まさかリシュリア星人を食べたのだろうか?それとも比喩的な意味だろうか?

     オカグビラのときはコメディ担当のような扱いだったイグニスだが、今回はGUTS-SELECTとともに大活躍だった。とくにファルコンから跳び下りてサタンデロスに突っ込むシーンはカッコよかった。ヒュドラムとの因縁も明らかとなり、ラストシーンから察するに、巨大化を目論んでいる模様。闇トラマン化の候補の一人である。

     サタンデロスは『ウルトラマンタイガ』第14話「護る力と闘う力」に登場したギガデロスの改造。科学者イルトの過去の清算の旅はまだ続いているようだ。今後も形を変えて○○デロスとして改造された個体が出てきそうな予感。

     また、時計仕掛けの敵という点で、『ウルトラマンジード』第20話「午前10時の怪鳥」に出て来たギエロン星獣にも似ている。ただし、ギエロンの場合は毎回ジードやゼロにやられて復活するという逆パターンだが。話の発想自体も「午前10時の怪鳥」がヒントになっているのかもしれない。

     次回は田口監督によるゼット客演回。楽しみである。

    cf.)第7話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/11320419.html

    cf.)第5話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/11157640.html


    [参考]
    TV『ウルトラマントリガー』©2021円谷プロ・ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     『ウルトラマン』(1966)でイデ隊員を演じた二瓶正也が8月21日、誤嚥性肺炎で亡くなっていたことが分かった。享年80歳。

    cf.)『ウルトラマン』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6642931.html

     イデ隊員といえば科学特捜隊のムードメーカー。コメディリリーフ的役割でありながら、武器を作らせると凄かったり、敏腕科学者でもあった。

     主人公のハヤタが割と無表情で超然としており、人間的な感情を表に出す場面があまりないのに対して、イデは感情豊かで非常に人間味溢れる役柄だった。怠惰な面もあるが憎めない存在。それは演じた二瓶正也自身の人柄でもあったような気がする。

     晩年はよくインタビューに出演する機会があったが、現役時代のスマートな体型とは打って変わって大分ふくよかになった体型で、大きく口を開けて「ガハハハ」と豪快に笑う姿が印象的だった。

     ほがらかな性格が全身から滲み出ており、こんな祖父や叔父がいたらいいなと思わせてくれた。

     『ウルトラマン』第2話「侵略者を撃て」では、宇宙語を披露して視聴者をセンス・オブ・ワンダーの世界へ誘い、また勇気を振り絞ってバルタン星人と交渉しようとした。

      第23話「故郷は地球」では、ジャミラに同情し、ラストシーンで「犠牲者はいつもこうだ。文句だけは美しいけれど・・・」という名言を残した。

      第30話「まぼろしの雪山」では、孤児であるユキに自分を重ね合わせ、ウーを攻撃するのに難色を示した。

      第37話「小さな英雄」では、ハヤタに悩みを吐露。依頼心故に戦いの中でピグモンを死なせてしまい、ハヤタに叱咤激励される。


      思えば、我々はイデ隊員であった。つまり、イデ隊員を通して物語の中に入り込むことが出来たし、イデ隊員に感情移入することで他者への共感を獲得できていたのだ。

      作家の有川ひろは「自分だったらこっち(イデ隊員)を主人公に書いちゃう」とウルトラマンアーカイブスで語っている。

      因みに、『ウルトラQ』(1966)では3度も違う役で出演し、『ウルトラマン』以降のウルトラシリーズにも度々違う役で出演している。

      『ウルトラマンマックス』(2005)ではダテ博士役で出演。『ウルトラマン』(1966)ではイデ隊員として開発したマルス133でバルタン星人を焼き払ったのに対し、『マックス』では「何でも元に戻す光線」を出すメタモルフォーザを開発し、ダークバルタンを元の少年の姿に戻して救うという、感慨深い活躍を見せた。

    cf.)『ウルトラマンマックス』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5997988.html

    cf.)バルタン星人についてはこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6867426.html

      ドイツ人の父を持ち、特徴的な彫りの深い顔立ちで表情豊かに振る舞う様が印象深く、我々の心をいつまでも掴んで離さない。

      今頃はウルトラの星でムラマツキャップ役の小林昭二らと酒を酌み交わしているかもしれない。


    [参考]
    DVD『ウルトラマン』©1966円谷プロ
    Blu-ray『ウルトラマンアーカイブス「故郷は地球」』©円谷プロ
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村


    このページのトップヘ