『ウルトラマン80』第9話「エアポート危機一髪!」はガビシェールが登場し、炎を撒き散らす派手な特撮回。脚本は阿井文瓶、監督は湯浅憲明、特技監督は川北紘一。

・オイル怪獣ガビシェール。デザインは山口修。山口修のお気に入りの怪獣で、特徴である口の管は、火炎を吐き、オイルを吸うシーンで効果的に描写された。脳が剥き出しになっているような頭部の形状も良い。泣き声はタッコングの初号フィルム版の流用。

・相原京子先生役を演じるのは浅野真弓。『帰ってきたウルトラマン』(1971)第1話で娘役として出演している。

・上野博士(ハカセ)役を演じるのは上野郁巳。丸メガネが可愛い。

・ソルボンヌ大学助教授の山岡役を演じるのは、若き日の堀内正美。平成ウルトラシリーズの常連で、一番印象的なのは『ネクサス』(2004)の松永要一郎役だ。

・山岡を騙すために、ハカセが「お母さん!」と京子先生の胸に飛び込む問題シーン。

・ウルトラショット、ウルトラアローショット、そしてサクシウム光線、と3種類の光線を駆使して倒す80。

危険を伴う派手な炎特撮シーンが魅力。そして、ハカセがちょっと羨ましい回であった。

cf.)『ウルトラマン80』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6276509.html

[参考]
『ウルトラマン OFFICIAL DATA FILE』DeAGOSTINI.編©TSUBURAYA PRODUCTIONS
DVD『ウルトラマン80』©1980円谷プロ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ウルトラマン80
怪獣wiki特撮大百科事典
https://seesaawiki.jp/w/ebatan/d/%A5%AC%A5ӥ%B7%A5%A7%A1%BC%A5%EB
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村