1990年にウルトラシリーズ初のOV先行作品としてスタートした『ウルトラマングレート』。アニメ作品の『ウルトラマンUSA』に続き、英語圏でのTV放送や上映を目的として、オーストラリアのSouth Australian Film Corporationと円谷プロダクションが共同製作した平成初のウルトラマンである。

 完全新作のウルトラマンとしては『ウルトラマン80』以来、約10年振りとなる本作は、当初、「新ウルトラマン」という仮タイトルがつけられ、従来通りに日本国内で円谷プロが製作する予定だった。ここでは「原点回帰」やウルトラマンの「神秘性」が謳われ、「ウルトラ兄弟」など過去シリーズとの関連を排除する方針であった。

cf.)『ウルトラマン80』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6276509.html

 その後、TVシリーズとしての企画は中断するが、1989(平成元)年にオーストラリアでの撮影と、全6話のビデオシリーズとしての製作が決定。これは、以前円谷プロが進めていたオーストラリアを舞台にした映画の企画から派生したもので、限られた予算で「Vシネマ」ブームの到来を製作に生かす狙いがあったようだ。

 脚本は會川昇らによってまとめられた原案をオーストラリアのスタッフが脚色して作られた。その結果、ウルトラマンの世界でありながらも、海外SFドラマの趣も強く表れていた。特撮部分についても、海外SFX技術と円谷プロの技術の融合がなされた。機械を駆使したマペットの使用。広大な土地でセットを組み、太陽光が生かされた斬新な映像。そして、建物をウルトラマンより高くすることで、むしろウルトラマンの巨大感を演出するなど、新たな特撮観の発見となった。

 ビデオリリースから3か月後にはシリーズを再編集した劇場版が公開され、リリース中盤の1991年はウルトラマン誕生25周年にあたり、その中心的存在を担った。のちに7話が追加製作され、全13話となった。前半はゴーデス編。後半は異端の来訪者との遭遇が続く。

    英題は『Ultraman Towards the Future』 。「グレート」の名は京本政樹が命名し、北東岸のサンゴ礁地帯グレートバリアリーフにも因んでいると言われている。

 グレートのスーツは従来のようなウェットスーツではなく、光沢のある厚手の化学繊維が採用された。また、京本政樹がプロデュースしたキャンペーン用スーツも存在。こちらはタイツ生地が素材で、当時のバラエティ番組や子ども向け情報誌のグラビアなどに度々登場していた。


cf.)『ウルトラマンUSA』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5950915.html

cf.)『ウルトラマンパワード』総論→http://ultra-7.blog.jp/archives/5950759.html

[参考]
『ウルトラマン OFFICIAL DATA FILE』DeAGOSTINI.編©TSUBURAYA PRODUCTIONS
Blu-ray『ウルトラマングレート』©円谷プロ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ウルトラマングレート

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村