たかの特撮ブログ

特撮ブログです。
ウルトラシリーズを軸に
特撮関連の記事を書いています。

    カテゴリ:ウルトラマン > ウルトラマンコスモス

     『ウルトラマンコスモス』(2001)第3話「飛べ!ムサシ」はスピットル登場回。脚本は長谷川圭一。監督は根本実樹。特技監督は佐川和夫。

    ・テックサンダー4号のテスト飛行で飛行技術の高さを認められ、4号はムサシの専用機に。

    ・午後は掃除。夜は研修およびデータの整理。新人の仕事らしい。かったるそうな態度で掃除するムサシ。

    ・スピットル出現。おとなしい怪獣だからといって、勝手に麻酔弾を撃とうと接近するムサシ。しかし、おとなしいはずのスピットルが攻撃してきた。

    ・麻酔弾は外れ、シノブとドイガキの搭乗機が攻撃を受けてしまい、緊急着陸。

    ・コスモスの力で解決しようとするが、変身できない。スピットルには逃げられてしまう。

    ・基地でフブキに殴られるムサシ。「このバカがっ!」

    ・「勝手な行動しやがって。ピンチになれば奇跡が起こるとでも思ったか。ウルトラマンが来るとでも思ったか。あぁ?」凄い形相で迫るフブキ。これは怖い。

    ・任務から外され、落ち込むムサシ。コスモスに変身できなかった理由も分からない。その様子を見て問い掛けるヒウラ隊長。「ムサシ、大切なのは、真実を見極める眼だ。それがチーム・アイズには必要だ。」

    ・鏑矢諸島に立ち寄り、初心に還ろうとするムサシ。イケヤマ管理官と話す。電磁シールドのメンテナンス中に発生する超低周波が嫌いで洞窟に籠るリドリアスの話になり、今回の件に音が絡んでいると思い当たる。

    ・反省の弁を述べ、もう一度任務に当たらせてほしいと望むムサシ。スピットルの本当の心を知りたい。。。だがムサシの処分は解かれなかった。

    ・スピットルが凶暴化した理由を探っていると、地中に卵を発見。

    ・卵を守るため神経質になり、航空機のジェット音などあらゆる嫌いな音を消そうとしていたことが判明。次の狙いは空港だ。

    ・狙われる新都第三空港。全ての航空機の離発着の中止を要請。だが、1便だけエンジントラブルで空港に着陸せざるを得ない航空機が。出動許可を得たムサシは4号機で囮役を買って出、見事スピットルの注意を逸らす。

    ・スピットルのエリマキが開き、顔が剥き出しに。ひょうきんな顔だった。
    デザインは祖蔵宝太郎。この祖蔵宝太郎というのは、現場の絵コンテチームのペンネーム。

    ・4号機が攻撃を受けてしまう。するとコスモスの声が。「ムサシ、救うのだ。その力で、その心で!」

    ・コスモス登場!CG着地カット。

    ・ムーンリバースパイク。光の壁でスピットルの攻撃を防ぎつつ、光の壁でスピットルを覆ってしまった。

    ・コスモスがスピットルを支え、「撃て。」
    フブキが麻酔弾を発射し、後頭部の中枢神経に見事命中。眠らせ、捕獲に成功する。

    ・オレンジジュースで乾杯するチーム・アイズ一同。一同会話中もどんどん飲むドイガキ。

     新人にありがちな情熱と勢いだけで突っ走って失敗するパターンを描いた上で、怪獣保護がいかに難しく、繊細な作業を要するかを示した。本作が従来のシリーズより怪獣に寄り添うものであることを印象付けた回。単純な主人公の慢心による変身不能回というわけではないという点も押さえておきたい。

     それにしてもフブキの叱咤は凄まじい勢いだった。パワハラが叫ばれている昨今なら一発で告発され、処分されていたところだ。

    cf.)『ウルトラマンコスモス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5982670.html

    cf.)変身不能回の原点『帰ってきたウルトラマン』第2話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6441050.html

    cf.)『ウルトラマンダイナ』の変身不能回はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6682150.html

    cf.)『ウルトラマンマックス』の変身不能回はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6669311.html

    cf.)『ウルトラマンゼット』の変身不能回はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6433016.html


    [参考]
    DVD『ウルトラマンコスモス』©2001円谷プロ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ウルトラマンコスモス
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ウルトラマンコスモスの登場怪獣
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     『牙狼〈GARO〉-GOLD STORM-翔』(2015)テレビシリーズの第1話・第2話に『ウルトラマンコスモス』(2001)でフブキ隊員役を演じた市瀬秀和が登場していた。

     ビクロというホラーの人間態。人間態での激しいアクションも披露している。
    ツンとした感じの正義感を持ったフブキ隊員とは違い、悪役としての演技が光る。


     高校生のときに映画『柳生一族の陰謀』(1978)を観て以来、時代劇を愛好するようになり、映画『大菩薩峠』(1960)に主演した市川雷蔵に憧れて俳優業を志した。時代劇復興を願い、時代劇作品にも多く出演している。

    また、声優としても活躍しており、アニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』(2006)で担当した獄寺隼人に愛着があり、愛犬に「はやと」と名付けたという。

    cf.)『ウルトラマンコスモス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5982670.html

    [参考]
    DVD『牙狼〈GARO〉-GOLD STORM-翔』©2015雨宮慶太/東北新社
    https://ja.wikipedia.org/wiki/市瀬秀和
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村


     『ウルトラマンガイア』(1998)の終了とともに、新シリーズの製作は一旦休止となるが、2001(平成13)年、『ウルトラマンコスモス』の製作がスタートする。この年は、円谷英二生誕100周年&ウルトラシリーズ35周年の記念の年。当初は10月放送開始予定だったが、7月7日が円谷英二の誕生日ということで、放送が3か月繰り上げられた。

     企画として「怪獣を殺さないウルトラマン」の創造が図られる。この「怪獣保護」というコンセプトは、TVシリーズ放送前に製作された映画『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』で描かれた「異者との共存」というテーマを練り直したもの。渋谷浩康プロデューサーによると「ウルトラマンはもともと、強さと優しさの両方を持ち合わせており、その優しさを前面に出したかった」という。


     しかしこの設定は「怪獣と戦って、最後は光線技で粉砕する」という、ウルトラシリーズのカタルシスを否定することにも繋がる。この問題を解決すべく、製作陣は「ルナモード・コロナモード」「カオスヘッダー」の設定を作った。通常は慈愛に満ちた「ルナモード」で対応するが、「カオスヘッダー」に憑りつかれて凶暴化した怪獣に対しては強さの「コロナモード」で対応。 光線技で怪獣を落ち着かせたり、「カオスヘッダー」を取り除く。一方で、「カオスヘッダー」のみで構成された怪獣や凶悪宇宙人は容赦なく粉砕する。この展開は「カタルシスに欠ける」という批判もあった一方で、未就学児や保護者からは概ね歓迎されたという。

       放送期間中に、アメリカで9.11同時多発テロ事件が起きるなど、世相は殺伐としており、そんな社会へのアンチテーゼとしても話題を呼んだ。


     劇場版も3作製作され、息の長いシリーズとなった。因みに、TVシリーズ放送期間中、放送開始前の2000年に起きた傷害・恐喝事件の容疑者として主演の杉浦太陽が誤認逮捕される事件が起き、一時放送が中断するが、不起訴・起訴猶予処分となり、法的に決着がついたことで放送が再開された。


     コスモスのデザインは、ルナモード・コロナモードは丸山浩が担当。ルナでは初代ウルトラマンのマスクを意識し、耳の形が三日月を模している。額のクリスタルは演出の都合上、飯島監督の要望で付け足された。コロナではウルトラセブンのマスクを意識し、耳は太陽を模している。物語中盤で登場するエクリプスモードは杉浦千里がデザインを担当。マスクはルナ・コロナ両方を意識している。

     最終回ではシリーズを通した敵「カオスヘッダー」さえも殺さずに救うという、新境地を開いた。ウルトラシリーズ史上、最も優しいウルトラマンとして今なお強烈な個性を放っている。

    cf.)前作『ウルトラマンガイア』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5911369.html

    cf.)次作『ウルトラマンネクサス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5869472.html

    [参考]
    『ウルトラマン OFFICIAL DATA FILE』DeAGOSTINI.編©TSUBURAYA PRODUCTIONS
    DVD『ウルトラマンコスモス』©円谷プロ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ウルトラマンコスモス
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    このページのトップヘ