たかの特撮ブログ

特撮ブログです。
ウルトラシリーズを軸に
特撮関連の記事を書いています。

    カテゴリ:ウルトラマン > ウルトラマンゼロ

     『ゼロVSベリアル 10周年記念読本』(出版:実業之日本社)を読んだ。

     映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009)で劇的な登場を果たしたゼロとベリアル。10周年を記念して、その系譜、因縁の対決の数々を振り返り、関係者のインタビューも多数掲載、デザイン画等のビジュアルも豊富で、ゼロ愛に満ちた作りとなっている。

     初登場時は強いだけで、師匠に「ごたごた言ってんじゃねぇ!」と礼儀知らずの台詞を吐いていた、口の悪い不良少年的なイメージしかなかったゼロ。それが経験を積むにつれ、数々の人間たちとの出会いを経て精神的にも立派に成長していく。各作品の監督たちが、今度はゼロに何を経験させるか、どんな要素を追加するか、何を考えさせるかを検討し、大切に育ててきたことが如実に伝わってきた。

     また、現在放送中の最新作『ウルトラマンゼット』(2020)ではついにマントを羽織り、弟子(ゼロは認めていないが)を持つようになったゼロ。メイン監督の田口清隆のインタビューでは、企画発端となる北浦嗣巳プロデューサーとの話の内容まで書いてあり、ゼットファンにとっても一読の価値ありの内容だ。

     ベリアルも『ウルトラマンジード』(2017)で息子のジードによって葬られてからも、ベリアルメダルやベリアル因子という形で根強い存在感を示している。ゼットの最終形態「デルタライズクロー」ではベリアルの顔を象った剣「ベリアロク」となって登場。ベリアル本人と人格は違うのだろうが、あの声で「デスシウム歯磨き!」などと喋るという、半ばギャグ的な要素を持つまでに至っている。

     事情により『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009)製作の重要人物であるプロデューサー岡部淳也のインタビューがないのは残念だが、ゼロとベリアルをより深く理解するには欠かせない一冊となった。


    cf.)『ウルトラマンゼロ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6085844.html


    cf.)『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6117436.html

    [参考]
    『ゼロVSベリアル 10周年記念読本』(出版:実業之日本社)

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     10周年を迎えたウルトラマンゼロの新たな強化形態が発表された。その名もグランセイバードゼロ。

     レイトがウルトラゼットライザーを使い、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンエースの3枚のウルトラメダルの力を採り入れた姿。

     斬撃が得意技のようだ。ウルトラマンの八つ裂き光輪、セブンのアイスラッガー、エースのギロチン技、それぞれの切断技をモチーフにしたような印象。パッと見たところ、全身を走る青のラインがギンガのクリスタルのようにも見えるが、ギンガのメダルは使っていない。

     今のところ、データカードダスゲーム「ウルトラマン フュージョンファイト!」内のみでの展開のようだが、実写化の可能性も有り得る。

    [参考]
    http://www.dcd-ultraman.com/news_zh/04.php
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村


     2010年12月に公開された映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』 はゼロの冒険物語。2011年がウルトラシリーズ45周年にあたるため記念作品第1弾として製作された。配給は前作のワーナー・ブラザーズから再び松竹に戻っている。

     監督は『ウルトラマンネクサス』(2004)などで実績のあるアベユーイチ。親子や兄弟、仲間たちとの絆をテーマに、宇宙を舞台とした冒険譚を描いた。『ファイヤーマン』(1973)のオマージュヒーロー・「グレンファイヤー」、『ミラーマン』(1971)のオマージュヒーロー・「ミラーナイト」、『ジャンボーグA』(1973)のオマージュヒーロー・「ジャンボット」が登場、ゼロの仲間となっていく。

    cf.)『ウルトラマンネクサス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5869472.html

     『スター・ウォーズ』シリーズや『宇宙からのメッセージ』(1978)の影響を受けた設定やストーリーに加え、アベ監督は科学誌等を参考にして他世界宇宙・マルチバースの設定を導入、映像化に成功した。これは終盤で『ネクサス』(2004)に登場したウルトラマンノアを登場させるためでもあった。以後、世界観の違うウルトラ作品同士を繋ぐ理由付けとして多用されるようになった。

     製作期間が9か月しかなかったため、ロケ撮影中心となり、山口・福岡・熊本でロケが行われた。バラージ神殿のシーンは山口県の鍾乳洞・秋芳洞で撮影されている。

     ゼロは本作で初めて人間に憑依することになり、ゼロと一体化する主人公・ランには小柳友が抜擢された。ナオ役・エメラナ役には濱田龍臣と土屋太鳳。二人はNHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010)で共演している。

    ・ゼロとラン・ナオ兄弟の邂逅シーンでは、敢えてゼロの顔をフレームカットすることで、巨大感を演出した。この手法は『オーブ』(2016)のギャラクトロン登場シーンにも使われている。

    cf.)ギャラクトロン初登場回はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6013826.html

    ・ベリアル軍を退けたウルトラ戦士たちのカットでは、マックスとゼノンもしっかり映っている。

    cf.)『ウルトラマンマックス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5997988.html

     
     ウルティメイトフォースゼロ結成やウルティメイトイージスを手に入れるまでの過程が丁寧に描かれ、ゼロの成長を描くとともに、その後のゼロの活躍の幅を広げることとなった冒険活劇作品である。


    cf.)『ウルトラマンゼロ』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6085844.html

    cf.)次作『ウルトラマンギンガ』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6129654.html

    [参考]
    DVD『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』©2010「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」製作委員会
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国
    You Tube 特爆!チャンネル 特撮は爆発だ! #172
    https://www.youtube.com/watch?v=sA9zSMvXx-0
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村


     


      2009(平成21)年12月に公開された映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』は革命的な作品となった。

     企画が立ち上がったのは『大決戦!超ウルトラ8兄弟』(2008)の公開を控えた2008年8月。『大怪獣バトルNEO』の製作統括を担当していた岡部淳也代表取締役副社長(当時)が企画書・ストーリー原案・基本構成を提案。プロデューサー・ビジュアルスーパーバイザー・脚本も兼任した。

    cf.)『大決戦!超ウルトラ8兄弟』についてはこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6077618.html

     企画段階でウルトラ戦士の故郷である「光の国」のCG映像化、セブンの息子・ゼロと悪の戦士・ベリアルの戦い、光の国の壊滅、という基本的なストーリーは決まっていた。作品の配給は、従来の松竹からワーナー・ブラザーズに変更。これは、海外展開を強く意識していたためであり、音楽担当のマイケル・バータなど、ハリウッドのスタッフも参加している。

     監督は、アメリカやニュージーランドで活躍していた坂本浩一。「従来のウルトラシリーズでは存在しなかった、新たなアクションや演出を盛り込みたい」という考えのもと、構想が練られていった。当時、『パワーレンジャー・RPM』の撮影でニュージーランドにいた坂本監督。岡部淳也はニュージーランドに出向き、打ち合わせを始めた。その後、撮影が終わるまではファクスで絵コンテを日本に送ったり、スカイプで打ち合わせをするなどして、坂本監督はニュージーランドにいながら準備を進めていったそうだ。

     岡部淳也は、打ち合わせに東映映画『マジンガーZ対暗黒大将軍』(1974)の資料を持参し、物語の終盤でグレートマジンガーが電撃的に登場することを参考に、新戦士・ゼロの登場の演出を提案。同年代である坂本監督と嗜好が合っていたという。

     また、坂本監督は内山まもる作の漫画『ザ・ウルトラマン』に見られるように、ウルトラ兄弟がマントを羽織るアイデアなどを提案し、これも採用された。『スター・ウォーズ』的なスペース・オペラも意識し、ミライ・ハヤタ・ダンの衣装にもその片鱗が窺える。メビウス・レイ・ゼロの活躍のバランスについては、『マジンガーZ対デビルマン』(1973)を参考にした。

     因みに、当初台本ではレオの登場はなかったが、師匠の息子を弟子が育てるというカンフー映画の王道を実現すべく、坂本監督の強い要望でレオ・アストラ兄弟の登場が決定。漫画『巨人の星』(1966)に出てくる大リーグボール養成ギブスを参考にしたテクターギア・ゼロを鍛える役割を与えた。

     「光の国」の映像化に際し、過去のM78星雲出身のウルトラ戦士たちも登場。また、若い頃のウルトラの父と母、ゾフィーが登場し、父と母はそれぞれ「ケン」「マリー」という名前であることも新たに設定された。声優陣も豪華で、ウルトラマンキングは元内閣総理大臣の小泉純一郎が声を当てている(一度は断ったものの、息子の孝太郎がタロウファンで、出演を勧めた)。また、撮影中に『コスモス』(2001)で主人公を演じた杉浦太陽から熱烈な出演希望オファーがあり、急遽新たな役を作って撮影が追加された。

     アクションに関しては、ワイヤーアクションを多用。当時の日本ではまだワイヤーアクションは主流ではなく、経験のあるアクション部も少なかった。そこで、実績のあるアルファスタントのパワーレンジャーチームがメインのウルトラマンたちを演じ、円谷プロのアクション部であるキャスタッフはサポートに回った。

     ウルトラマンゼロのデザインは後藤正行が担当。当初は「ウルトラセブンアックス」の名で呼ばれていた。セブンの息子という設定から、セブンのデザインをアレンジしたが、作業は難航を極め、ダブルアイスラッガー(ゼロスラッガー)に到達するまで時間が掛かったという。基本決定稿デザインの段階では全身赤を基調としており、カラータイマーもなく、ダブルアイスラッガーを合体して弓矢にして戦う設定などがあった。また、目は現在の形状よりも鋭く、岡部淳也から「そこまでいくとウルトラマンの顔に見えない」と言われる程だったという。坂本監督の中では漫画『あしたのジョー』(1968)の矢吹丈や漫画『デビルマン』(1972)の不動明といった、不良的要素を持つキャラクターイメージだった。


     ベリアルのデザインも後藤正行が担当。ウルトラ戦士の面影を残しつつ、悪役であることが一目で分かるように、と意識された。二股に分かれた鋭い目、巨大なカギ爪、禍々しい赤と黒の体色、アメコミのスーパーヴィラン(悪役)を思わせる筋肉質のフォルム、といった冒険的なデザインとなった。後藤正行は後に「この目の形が出来たとき、これならイケるんじゃないかな、と思いましたね」と述懐している。

     因みに、レイブラッド星人が憑依する前のアーリースタイルのスーツは造型班主導でウルトラマンゼアスのスーツを改造して作られたもので、後藤正行はデザインには関わっていない。坂本監督の中では、ベリアルは漫画『ザ・ウルトラマン』のジャッカルのキャラクターイメージだった。

     ウルトラの歴史に新しい風をもたらした革命的作品となった本作は、大好評となり、これを機にゼロとベリアルの因縁の対決が始まることになる。

    cf.)『ウルトラセブン』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6375058.html

    cf.)『ウルトラマンレオ』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5936832.html

    cf.)次作映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6117436.html

    [参考]
    『ウルトラマン OFFICIAL DATA FILE』DeAGOSTINI.編©TSUBURAYA PRODUCTIONS
    https://ja.wikipedia.org/wiki/大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
    『映画監督 坂本浩一 全仕事』著:坂本浩一 出版:KANZEN
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

      4月25日放送の『ウルトラマンクロニクル ZERO&GEED』第16話「ゼロになる覚悟」より。

    ・教室ではゼロに会うため、レイトが朝イチで既に来ていた。しかし電話が。教室を抜けるレイト。授業が始まってしまう。

    ・ギャラクトロンの熱線を受けるゼロ。カッコいい。

    ・一度は家族と一緒に逃げようとするレイトだったが、娘・まゆの言葉に、もう一度「ゼロになる覚悟」をする名シーン。

    ・ウルトラマンの力で何がしたいか、というライハの問いに「守りたい」と答えるレイト。初めてウルトラマンの本質を理解し、本当の意味でウルトラマンになろうとする。ゼロ復活。レイトの想いに応える。

    ・ヒカリ登場。ライザーとニュージェネのカプセルを授ける。一緒には闘わなかった。自分が出るまでもないと思ったのか、あるいは思念体だけでの登場だったのか、よく分からない。

    ・ゼロビヨンド。まさかの4つのスラッガー。坂本監督によると、デザイン段階で当初は3つという話もあったが、「4つにしましょう」と言って増やしてもらったという。

    ・バルキー・コーラス。自分の体から離れた部分から光線が放たれるという点で斬新な技。『マックス』第34話「ようこそ!地球へ 後編」で出て来た水の球になんとなく似ている。

    ・教室ではレイトがゼロに再会を果たす。

    来週はジードの活躍中心の編集のようだ。

    cf.)『ウルトラマンジード』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6238261.html

    cf.)『ウルトラマンゼロ』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6085844.html


    [参考]
    TV『ウルトラマンクロニクル ZERO&GEED』テレビ東京.©TSUBURAYA PRODUCTIONS
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村
    PVアクセスランキング にほんブログ村

    このページのトップヘ