たかの特撮ブログ

特撮ブログです。
ウルトラシリーズを軸に
特撮関連の記事を書いています。

    カテゴリ:ウルトラマン > ウルトラマンゼット

     10月31日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第19話「最後の勇者」はバラバ登場回。脚本は根元歳三。監督は辻本貴則。

    ・街中に突如ベムスター登場。ガスタンクを吸収。接近戦を避けるよう助言するユカ。『帰ってきたウルトラマン』(1971)の大ファンである辻本監督のチョイスだろうか。

    cf.)『帰ってきたウルトラマン』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6315068.html

    ・監視カメラの映像。辻本監督がよく使う手法だ。キングジョーSCとウィンダムが到着。ウィンダムの手が食われそうになり、ハルキは早々に変身しようとする。と、エースメダルが光る。

    ・空が割れ、何かを察して逃げるベムスター。
    後頭部を打つヘビクラ=ジャグラー。『ウルトラマンオーブ』(2016)最終回で見せた仕草だ。

    cf.)『ウルトラマンオーブ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6231535.html

    ・街中に待機するキングジョーSCとウィンダム。スマホ動画撮影で橋から見下ろすカットは前作『ウルトラマンタイガ』(2019)第23話「激突!ウルトラビッグマッチ!」でも見せた手法。

    cf.)『ウルトラマンタイガ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6253725.html

    ・エースを語るゼット「昔、世話になった。」何があったのだろうか。回想シーンの夕焼けに佇むエースの背中が良い。

    ・バラバ登場。車好きの辻本監督。今回も多数のラジコンカーを使用している。そこからの内引きカット。左側に設置された水槽の中まで細かく表現されており、きめ細やかさに驚嘆する。

    ・喋るバラバ。ヤプールの残留エネルギーが実体化したものらしい。ウィンダムがエースに見えているようだ。

    ・ミニチュアの商店街や自動車工場(?)を右往左往するカット。その中で3人の人間が戦いの様子をスマホ撮影しようとしている。おそらく監督陣のカメオ出演。うち、ひとりは田口監督に見える。
    『ウルトラマンタイガ』(2019)第22話「タッコングは謎だ」でも同様の手法が採られている。

    ・ビルの中のスポーツジムのようなフロアの内引きカットから、倒れてくるゼットが見え、背中から派手にビルを壊すゼット。ビル完全破壊ではなく、残されたビル階下部分がゼットを支え、ブリッジのような形になっているのも新しい破壊表現。

    ・「弱気になるな!ゼット!」エース登場。あの懐かしのオープニングBGM。オールドファンにはたまらない演出だ。

    cf.)『ウルトラマンエース』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5915827.html

    ・パンチレーザー、バーチカルギロチン、ウルトラネオバリアを張りながらのフラッシュ光線。得意技のメタリウム光線、そしてエースブレード。

    ・ベータスマッシュとなったゼットもゼットランスアローを持ち、バラバの両腕の武器に2人で対応する。しかし、エースブレードが折れてしまう。

    ・アロー光線、タイマーショット。そこからの高速ぐるぐるカット。アベ監督がよく多用する通称アベンジャーズカットだが、今回は高速で「これでもか!」という程回している上に、上下反転も交えており、進化していた。さしずめ、スーパーアベンジャーズカットと言ったところか。

    ・ストップリングでバラバの動きを止めている隙に、スペースQをゼットのウルトラホールに託すエース。そこからスペースZを放つゼット。「ヤプール死すとも超獣死せず」というヤプールの名台詞を吐いて散るバラバ。因みに、この台詞は板垣退助が残した言葉とされる「板垣死すとも自由は死せず」が元ネタ。ただ、実際には言っていないという説もある。

    ・「バラバがバラバラ」ひとりオヤジギャグを呟くジャグラー。

    ・ゼットの名付け親はエースであったことが判明。この地球を守る最後の勇者になれるよう願いが込められているとのこと。本当の親というわけではないのか。では、ゼットもエースと同じように、孤児という設定なのだろうか。このあたりは後々、超全集に掲載される小説などで明らかになるのだろうか。

    ・Zマークを残して飛び立つゼット。そこに一線プラスしてAマークにしてしまうエース。飛び去り方まで粋な計らい。

     『ウルトラマンエース』(1972)で北斗星司を演じた高峰圭二がエースの声を担当し、「光線技の名手」と言われるエースから繰り出される多彩な技を全てコールするというスペシャル演出も嬉しかった(本来はあまり光線名はコールしないので、その辺は賛否両論ありそうだが)。因みに、エースリフターという技があるように、実は力持ちという設定もある。

     スペースQをゼットに託し、最後はゼットに譲る形を採ったのは、主役を潰さない配慮というのもそうだが、後輩たちに想いを託す暗喩だったのではないだろうか。つまり、「レジェンド4」と言われる初代ウルトラマンからエースまでの主人公を演じたお歴々(黒部進、森次晃嗣、団時朗、高峰圭二)も今回のような声優仕事が精一杯で体力的にも出演は難しい年齢になってきているし、ウルトラを背負ってきた想いを、現在第一線で製作に携わっているスタッフや新たな俳優陣たちに引き継ぐ、という意味で、ある種の「儀式」だったのではなかろうか。

     ミニチュア特撮表現が緻密な上に、破壊表現等も新たな形にチャレンジしており、ボリューム感満点の特撮内容だった。辻本監督のように、第二期ウルトラシリーズで育った世代が主要監督陣に多いので、近年はジャックやエースにも度々スポットが当たるのが嬉しい。今回は往年のオールドファンなら痺れっぱなしの回だったに違いない。

    cf.)第18話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7684434.html

    [参考]
    TV『ウルトラマンゼット』©2020円谷プロ・ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     10月24日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第18話「2020年の再挑戦」はケムール人登場回。脚本は継田淳。監督は辻本貴則。

    ・パゴス登場。キングジョーSCとウィンダムが対峙する。しかし、突如消えてしまう。

    ・観覧車を懐かしそうに見つめる昭和チックな服装のカオリと知り合うハルキ。「私を殺して!」とハルキに迫るカオリ。演じたのは宇田川かをり。原典である『ウルトラQ』第19話「2020年の挑戦」に登場した宇田川刑事と同じ苗字だ。もしやそれがキャスティングの決め手だろうか。

    cf.)『ウルトラQ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6654971.html

    ・相次ぐ人間消失事件。原典ではプールの飛び込み台から飛び込む男を着水目前で消したり、牛乳(?)を飲もうとする男を消してコップと零れる液体だけ残したり、ゴーカートに乗る女を消したり・・・。中野稔らがなかなか凝った合成表現を実現している。だが今回はCGで綺麗に消せる時代なのに、あまり捻りが感じられなかった。

    ・『2020年の挑戦』の本が初映像化。著者の神田博士の下の名前が判明。「神田 混」というらしい。

    ・薄暗い倉庫でカオリを探すハルキ。倉庫には「サンセットジュース」という飲み物が。メトロン星人を想起させるネーミング。

    ・ケムール人は若い人間の肉体の合成に失敗したため、カオリの意識が現存している状態らしい。このあたりの設定はしっかりと後日談を作ろうとした跡が感じられる。

    ・ケムール走りで逃げ出すケムール人。だがよく見ると、倉庫から逃げ出す最初の走り出しが、若干スキップ気味だった。

    ・ゴンドラのひとつを爆弾にすり替えていたケムール人。ゴンドラが頂上に達したら爆発し、人間転送液が雨雲に乗って広範囲に降り注いでしまうという。時間制限の要素が生まれ、スリリングな展開に。アイディアが秀逸。観覧車はミニチュアを本編シーンにも合成していたようだ。作り込みが凄い。

    ・ボートのミニチュアが目を引く。辻本監督らしい演出だ。

    ・デスシウムスラッシュ。カオリとケムール人の分離に成功。

    ・昭和から令和の時代に放り出され、ケムールの束縛からも解放されたカオリ。宛もなく、普通ならこの先への戸惑いや不安があってもいいはずなのに、妙に泰然自若としている。ケムールから解放された解放感がそうさせているのだろうか。

    ・パゴスは生還。地中に還った。前作『ウルトラマンタイガ』(2019)第11話「星の魔法が消えた午後」では不幸な運命を辿っただけに、今回は無事で良かった。

    cf.)『ウルトラマンタイガ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6253725.html

    ・ハルキの「プリン食べちゃう?」の台詞は平野宏周のアドリブ。

     原典『ウルトラQ』(1966)でケムール人のスーツアクターを務めた古谷敏は、次作『ウルトラマン』(1966)でウルトラマンのスーツアクターを務めることとなった。今回ケムール人のスーツアクターを務めたのは石川真之介。『劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』(2016)でウルトラマンを務めている。つまり、古谷敏の逆パターンとなったのだ。

     脚本の継田淳は『ウルトラゾーン』(2011)で怪獣ショートムービーの監督を務めた経験もある。

    cf.)『ウルトラゾーン』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6055472.html

     名作の後日談をなんとか形にした感がある。辻本監督もそれに応え、昭和チックな服装や夜の観覧車、ゴンドラ爆弾、そしてケムールの体を押し退けてニュッと出てくるカオリ・・・という印象的なビジュアル演出に加え、当時の音響・BGMを使ってこだわっている。ただ、欲を言えば、重要なゲスト役に経験の浅い女優を当てるのだからしっかりとした演技指導をしてあげてほしかった。「画竜点睛を欠く」とはこのことである。辻本監督はミニチュアには凝るが本編演技は役者だのみ、というイメージが強くなってしまったのではないか。

     原典を演出した飯島敏宏監督はご健在だが御年88歳。できれば今回もご自身で後日談を演出してほしかった。彼は『ウルトラマンマックス』(2005)のバルタン星人回を監督した時点で既に胃を全摘しており、今回は体力的にも厳しかったのか、あるいは「M78星雲=沖縄の幻想郷ニライカナイ」のイメージを崩してしまった『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009)以来のシリーズにはついていけないからなのか、そもそも知らせだけでオファーがなかったのか。

     大好きな監督の原典作品なだけに、今回の後日談の出来栄えがやや残念。やはり手を出すべきではなかったのではなかろうか。。。

    cf.)第19話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7711430.html

    cf.)第17話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7683862.html


    [参考]
    TV『ウルトラマンゼット』©2020円谷プロ・ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
    『バルタン星人を知っていますか? テレビの青春、駆けだし日記』著:飯島敏宏+千束北男 出版:小学館

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     10月17日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第17話「ベリアロク」はバロッサ星人二代目が登場。脚本は中野貴雄。監督は越知靖。

     前話に引き続き、越監督の本格デビュー2作目。

    ・蝶のような羽を広げて上空から突如登場したバロッサ星人二代目。着地で腰を痛める。いきなり笑わせに来たか。

    ・落ちていたギルバリスの左手パーツをはめ、襲い掛かってくるバロッサ星人。眼はおそらくゴルフボールをつかっているのだろう。青い発光が良い。「宇宙の全て」を求めるというバロッサ星人のもとに、ベリアロクが渡ってしまう。

    ・しかし、「お前の攻撃はつまらん」とバロッサ星人を拒否するベリアロク。

    ・カブラギの規律違反の報告書を見るヘビクラ隊長。「服務規律違反調査報告書」とあるが、要件までは画面に映らなかった。何が問題とされたのだろうか。「地球防衛軍日本支部 警務部警務隊本部保安科 浅野武」と書いてある。

    ・ハルキ対バロッサ星人の等身大戦。バロッサ星人はギャラクトロンMK2の斧をどこからともなく持ち出す。自在に召喚できるようになっているのだろう。そこへジャグラー介入。

    ・「行くぜ行くぜ行くぜ~!」さながら仮面ライダー電王のモモタロスだ。声優・関智一の遊び心だろうか。それとも最初から脚本にあったのか。

    ・新月斬波で吹っ飛ぶベリアロク。「風の吹くまま、気の向くままさ」「だが、斬ってみたい奴らはいる」というジャグラーのもとに渡るベリアロク。「斬ってみたい奴ら」とはなにか。もしかしたらジャグラーがこの世界で隊長として潜伏している理由がそこにあるのかもしれない。とすれば、最終回は団体戦やタッグマッチになるのだろうか・・・。気になるところ。

    ・ジュランの種で巨大化するバロッサ星人。なんと顔面中央の渦状の模様が蔓のように伸びてこれを捕食。ジュランとは『ウルトラQ』(1966)第4話「マンモスフラワー」に出て来た巨大な花を咲かせる古代植物。植物の力で巨大化したことから考えても、バロッサ星人は植物系の遺伝子を宿していると考えられる。あるいは、進化した宇宙植物なのかもしれない。

    cf.)『ウルトラQ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6654971.html

    ・「キーラフラッシュ」で目くらまし。キーラとは『ウルトラマン』第38話「宇宙船救助命令」に登場した光熱怪獣キーラのことである。脚本家・中野貴雄はバロッサ初登場回でもサータンの毛で出来た隠れ蓑というネタを持ち出しており、この辺のマイナー怪獣チョイスが面白い。

    cf.)『ウルトラマン』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6642931.html

    ・ヨウコ「ウィンダム推参!」
    なんて古い口上なのだろう。昭和の匂いがプンプンする。アンリミテッドモードとなり、エネルギーを集中した高熱の右手でアイアンクロー「ウィンダムヨウコインパクト」
    技の発想もそうだが、ネーミングも凄い。

    ・頭が焦げたバロッサ星人「もう、やんなっちゃう」これは尾形大作の名曲『いやんなっちゃうなァ』が元ネタのつもりだろうか。

    ・デルタライズクロー登場。眼の血走りのようなCG効果。越監督によると、単に赤目にすると暴走状態のように見えてしまうので、赤いビリビリを目尻から走らせたそうだ。

    ・ウィンダムを人質にとるバロッサ星人「ひきょうもらっきょうもあるか!」は『ウルトラマンタロウ』第27話「出た!メフィラス星人だ」に登場したメフィラス星人二代目の名台詞。

    cf.)『ウルトラマンタロウ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5925381.html

    ・ベリアロクの問いに「わからない」と正直に答えるハルキ。「未熟!」と断じつつも、だからこそ大きなものを斬るかもしれないと、ハルキのもとに還るベリアロク。

    ・デスシウムファング。蝶のような羽を広げて逃げるバロッサ星人を食べてしまうベリアロク。恐ろしい技だ。

    ・カブラギから浅野武へと乗り移るセレブロ。一瞬白眼になるカブラギがグロテスク。一介の研究員から地球防衛軍警務部のある程度偉い立場らしい者への憑依。これは権力を利用して何かやらかす目論見か。

     問いへの答が面白ければ敵であろうが味方であろうがひょいひょいと持ち主を変えるベリアロク。どんだけ浮気性なのだ。前話は悲しみを湛えたラストだったが、今回は肩の力を抜いてひたすら遊んだ、という印象。中野貴雄節炸裂の自由な脚本だった。ただ、そんな中にも後に通じる伏線が数か所垣間見られた。

    cf.)第18話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7684434.html

    cf.)第16話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7683384.html


    [参考]
    TV『ウルトラマンゼット』©2020円谷プロ・ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     10月10日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第16話「獅子の声」はホロボロス登場回。脚本は小林雄次。監督は越知靖。

     前作『ウルトラマンタイガ』中盤の振り返り回「イージス超会議」で監督デビューした越監督。今作で初めて本格的に特撮場面含む監督業に着手したこととなる。

    cf.)『ウルトラマンタイガ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6253725.html

    ・怪獣メダル製造機を夢中で回すカブラギ。ガチャを回すオタクを彷彿とさせる。

    ・太平風土記に記された獅子ヶ丘伝説。ニュージェネ作品でよく出てくるこの書物、毎回手が込んでいて、美術担当の細かい芸に感嘆する。

    ・ユカが昔子どもの頃に見たホロボロ様。神様のような扱いをされていたようだ。八百万の神の価値観を持つ日本ならではの筋書き。漢字でホロボロスを表したときに、滅ぼすの「滅」はなんとなく分かる。それだけ強いということだろう。が、「幌」は埃などを防ぐため車にかける布の意で、覆い包む感じがあることから、なんとなく母性を想起させる。ユカにとって、怪獣学探求の原点となったそれはある種の母であり、神でもあったということか。

    ・ホロボロスの尿や貝の化石を見つけて喜びはしゃぐユカ。天真爛漫さが強調されている。

    ・ホロボロス登場。手前には「越ーkoshiー」の看板が。越監督のために今回初登場させたミニチュアだろうか。

    ・潮騒のさざめきがホロボロスを眠りにつかせる鍵か。近辺が昔は海だったということもあり、もしかしたら昔は海産物を捕食していた可能性も考えられる。とすると、ペンギンのように泳げるのか、あるいは可愛く犬かきをするホロボロスも想像できる。

    ・ベータスマッシュとなって闘うゼット。その激闘を背に、「うるさいなぁ」と言い放つユカ。ゼットの声が高速化する思考の邪魔だったのだろう。

    ・「この借りパク野郎がっ!」ギャラクトロンMK2とギルバリスのメダルを投入し、ホロボロスをメツボロスへと変化させたカブラギ。ベリアルメダルを取り返したいらしい。

    ・荷電粒子砲でキングジョーSCを撃破してしまうメツボロス。

    ・苦しむホロボロスを見かねて「ホロボロスを楽にしてあげて」とゼットに願う。前半の天真爛漫さから一変、切ない表情のユカが良い。

     なかなかレギュラー陣の深掘り回がなかったので、待ちわびたユカ回。とくに捻ることなく、真正面からユカを捉えた脚本だった。欲を言えば、ホロボロスの幼体、言うなれば、ベビーホロボロスを登場させ、子ども時代のユカと絡ませる場面が見たかった。神性は薄れるが、その方が感情移入しやすかったと思う。ただ、そんな展開がありがちだから敢えてそうしなかったとも考えられる。いずれにせよ、まずは越監督の大健闘を祝したい。

    cf.)第17話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7683862.html

    cf.)第15話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7280817.html


    [参考]
    TV『ウルトラマンゼット』©2020円谷プロ・ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     10月3日(土)『ウルトラマンゼット』後半戦突入スペシャルナイト!オンライン座談会が生配信された。司会はウルトラマン大好き芸人の荒井義久。ストレイジの主要メンバーとメイン監督の田口清隆が出演。

    ・荒井義久は第1話にエキストラとして出演。ゴメスから逃げる人々のシーンで映っている。『ウルトラマンオーブ』第1話でガイが乗ってきたクール便の運転手も演じている。

    cf.)『ウルトラマンオーブ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6231535.html

    ・キャストの裏話も多数出た。円谷プロの方からウルトラマンのパンツをもらったハルキ役の平野宏周。バコさん役の橋爪淳とお揃いだったという。因みに橋爪淳は自分で買ったらしい。

    ・第9話の作戦室でのシーンが自粛期間後の初撮影。ハルキ役の平野はヘビクラ役の青柳尊哉から自粛中に連絡をもらったのが嬉しかったという。

    ・第14話での河原のシーン。ハルキと父親が再会、握手をするところで、ハルキ役の平野は長かった自粛期間を思い出しながら演じたという。「父さん」の台詞の前に小さい声で泣きそうになりながら「ん・・・」という声があるが、田口監督が気に入り、編集時MAでこの声の音量を上げたという。

    ・第2話でインナースペースで話すハルキとゼット。ここは身振り手振りはあまり使わず、ナチュラルに会話するよう指示。メダルケースの話は脚本にはなく、現場で追加された台詞だった。「そもそも目立ってない」はスーツアクターの岩田栄慶のアドリブ。

    ・第2話でそのインナースペースがいきなり現れるシーンで、壁が急にピカッと光り「うおー、びっくりしたぁ」とハルキが驚くのは素の演技。ハルキ役の平野には内緒で本番で急にフラッシュ球を数個使って光らせたという。

    ・第9話で登場した超電離ケース。実は10キロ近くあり、かなり重く、ヨウコ役の松田リマは持つのが大変だった。また、ユカが車内で持っていたケースも重く、車から降りられなかったという。

    ・第15話でユカとヨウコの後ろにいきなり「ここだよ」と現れるヘビクラ。このシーンでヘビクラ役の青柳はユカ役の黒木ひかりの足を踏んでいた。しかし、安全靴を履いているので痛くない。以降、足を踏むのが流行ったという。

    ・ダークゼットライザーでゼッパンドンに変身するシーンがキャスト陣で再現された。全員不合格をもらい、ジャグラーに斬られるという羽目に。

    ・第14話に出て来たマグロ丼。実はコロナ対策の一環として出演者全員食べておらず、全て食べる演技だった。青柳曰く「これが本当の生殺しか」映像で見ても本当に美味しそうだったが、全て廃棄処分だったのだろうか。

     前回の配信は放送前だったので、ネタバレを防ぐため、話せないことが多かったと思うが、今回は撮影の裏話がたくさん聞けてよかった。

    [参考]
    ストレイジ集結!『ウルトラマンZ』後半戦突入スペシャルナイト!オンライン座談会
    https://www.youtube.com/watch?v=8BhVAI4J8qM 

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

    このページのトップヘ