たかの特撮ブログ

特撮ブログです。
ウルトラシリーズを軸に
特撮関連の記事を書いています。

    カテゴリ:ウルトラマン > ウルトラマンゼット

     7月18日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第5話「ファースト・ジャグリング」はペギラ登場回。ヘビクラ隊長がジャグラーであることが明らかとなり、ゼッパンドンも登場。脚本は中野貴雄。監督は辻本貴則。

    ・「寒い」と「アッサム」を掛けたオヤジギャグを披露するヘビクラ隊長。アッサムティーを片手に笑顔。ジャグラーに因んでコーヒーギャグだったらより良かった。

    cf.)『ウルトラマンオーブ』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6231535.html

    ・怪獣の登場シーンにこだわりを見せる辻本監督。今回は氷河が割れるカットや、黒煙がもくもくと渦を巻くカットを挿入。この黒煙カットは原典『ウルトラQ』(1966)第5話「ペギラが来た!」や第14話「東京氷河期」で登場した黒煙のオマージュ。

    ・サーモグラフィーで黒煙の中にペギラの影が確認できた後、ペギラが降りてきてさっそく街を凍らせる。出現理由は温暖化の影響だろうと劇中で説明されている。凍る噴水の横で小便小僧も凍っている。

    cf.)ペギラ初登場回『ウルトラQ』第5話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6605555.html

    cf.)ペギラ2回目の登場回『ウルトラQ』第14話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6614835.html


    ・辻本監督は車が怪獣災害に巻き込まれる様子にもこだわりがある。今回は車の内引きカットでドーナツ等が舞い、逆さまに墜落してからペギラに踏みつぶされ爆発するという散々な運命を辿った車だった。

    ・ハルキが駆ける道の影に「むつき信用金庫」のATMが。「むつき」は辻本監督の愛犬の名前だろう。
    愛犬家の辻本監督は『ウルトラマンエックス』(2015)第6話・第7話に登場するルディアンの顔をむつきに似せるようオーダーしたり、第18話に登場する宇宙化猫の名前をむつきに因んで「ムー」と名付けている。

    cf.)『ウルトラマンエックス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6227759.html

    ・ウィンダムがペギラの冷凍ガスで凍ってしまう。その脇には「all78」なる店が。78円ショップだとしたら激安店だ。売っているものによるが。M78星雲に因んだのだろう。


    ・ハルキからゼットライザーを奪い、とある森林でダークゼットライザーを作るジャグラー。

    cf.)ジャグラーの由来や設定についてはこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6077982.html

    ・保育園の内引きカット。室内の飾りつけも非常に凝っている。壁には「?-ちゃん保育園」と貼ってある。「うーちゃん保育園」または「むーちゃん保育園」だろうか。先述の宇宙化猫に因んで「むーちゃん」の方が可能性が高そうだ。

    ・ハルキが奮起し、セブンガーに搭乗、頭突きアタックをかます。


    ・セブンガーがジェット噴射の熱でウィンダムの氷を溶かす。ロボット同士の助け合い感が良い。

    ・雄々しく立つペギラの傍に、これまた辻本監督の愛犬が載った看板が。「ロイヤルモフモフ」と書いてある。何の宣伝なのかよく分からない。因みに、『THE NEXT GENERATION-パトレイバー-』(2014)の辻本監督回では愛犬と辻本監督の2ショットシーンが存在する。

    ・セブンガーの硬芯鉄拳弾。今回は時限発動式に設定され、ハルキがヨウコを助けている間に発射された。


    ・ウィンダムのコックピットからヨウコを救い出すハルキ。コックピットはウィンダムの首元にあるようだ。

    ・ペギラの冷凍ガスからハルキを守ったジャグラー。赤く光る蛇心剣がカッコいい。

    ・ゼットライザーを返してもらい、ようやくアルファエッジに変身。空中戦を繰り広げる。主観カットを交えたり、大迫力のシーンとなった。『ウルトラマンオーブ』(2016)第1話や『ウルトラマンR/B』(2018)第5話で田口監督が演出した空中戦カットとどことなく似ており、参考にしたのではないだろうか。だとしたら、作品内で監督同士が刺激し合ってより良い映像が生まれている証である。


    ・ゼスティウムメーザー。

    ・超古代の石器がなぜか光り輝き、ゼットのもとへ。ゼットランスアロー登場。

    ・かつて自分を封印した武器の出現に仰天の表情を見せるペギラ。眠たそうな表情が売りのペギラだが、瞼を完全に開いた記念すべきカット。『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』(2019)の際に新造された着ぐるみ。


    ・ゼットランスファイヤー。逐一「Z」の文字にこだわる演出だが、「自己主張が強い」という声も。この傾向はウルトラマンビクトリーやウルトラマンエックスにも見られる。

    cf.)ビクトリー登場の『ウルトラマンギンガS』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6145930.html

    cf.)『ウルトラマンエックス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6227759.html

    ・ペギラ大爆発!ナパーム使用のオープンカットだろう。画面の隅には「7GER」という店が。

    ・ジャグラーがあの全身黒タイツで変身。ゼッパンドン登場。メダルはゼットン・パンドン・マガオロチだった。マガオロチで闇の力を補った、ということか。ゼットはアローショットで対応。


    ・ゼスティウム光線。今回初めて地上撃ちだった。

    ・ゼッパンドンシールドで防がれてしまう。

    ・「怪獣退治の専門家」という台詞がハルキから飛び出す。『ウルトラマン』(1966)の主題歌に出てくる言葉である。歌詞は科特隊の主観で語られており、ストレイジ=科特隊とするなら、状況にマッチした台詞だ。

    cf.)『ウルトラマン』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6642931.html

     ヨウコも「これが私の仕事だから」という台詞を吐いており、プロ意識もこの回のテーマだろう。


    ・ゼットアイスアロー。商戦もあるので、主要な技3つ全てを使う展開となったのだろう。

    ・ゼットランスアローを持ったアルファエッジのあおりカット。『ウルトラマンタイガ』(2019)第18話でもトライブレードを構えたタイガのあおりカットを演出した辻本監督。スタッフが意図を汲み取って合成したらしいが、今回も見事な仕上がりとなっている。

    cf.)『ウルトラマンタイガ』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6253725.html

    ・カメラ目線で「面白れぇ」と呟くヘビクラ=ジャグラー。今のところ、何がしたいのかよく分からないが、ゆくゆく明らかになっていくのだろう。


     ペギラ、ジャグラー、ゼッパンドン、ゼットランスアロー、プロ意識・・・という内容盛り沢山の脚本だった。ゼットランスアローがなぜゼットに力を貸したのか、そのあたりの描写が薄いが、テンポよく進む物語と大迫力でこだわりの詰まった特撮カットのおかげでそんなに気にならないよう作られている。中野貴雄脚本のバランス感覚と辻本監督のこだわり特撮が見事に融合された結果だ。

     次回はギルバリスとジード ギャラクシーライジングが登場。待望の坂本監督回が始まる。リクがどういう絡みを見せるのか気になるところ。。。

    cf.)『ウルトラマンジード』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6238261.html

    cf.)ギルバリス登場の劇場版『ジード』前編はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5719972.html

    cf.)後編はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5768026.html

    cf.)第6話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6652705.html

    cf.)第4話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6535953.html

    [参考]
    You Tube ウルトラマン公式 ULTRAMAN OFFICIAL by TSUBURAYA PROD.チャンネル
    『ウルトラマンZ』第5話「ファースト・ジャグリング」-公式配信- "ULTRAMAN Z" Episode 5 -Official-
    https://www.youtube.com/watch?v=4eRR3rosNCg

     7月11日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第4話「二号ロボ起動計画」はテレスドンが登場し、特空機2号ウィンダムの初起動回。脚本は鈴木智。監督は辻本貴則。

    ・テレスドン登場カット。尻尾からの登場という意表を突く登場の仕方。怪獣の登場特撮カットに毎回こだわりを持つ辻本監督らしい。

    ・地下都市ジオフロントの看板。地底にこの開発音が響いていることがテレスドン登場の原因らしい。看板をよく見てみると、「モーハイム建設、辻本組、宮田工務店、他」と書いてある。モーハイム建設とは、アンヌ・モーハイムのオマージュだろう。書いてある電話番号は原典テレスドンの初放映日1966年12月11日となっている。芸が細かい。『ウルトラマンダイナ』(1997)第4話「決戦!地中都市」でもジオシティ開発の影響で怪獣が現れている。そのときの脚本タイトルも「決戦!ジオフロント」。

    ・ショベルカーに「辻本組」と書いてある。『ウルトラマンタイガ』(2019)第12話「それでも宇宙は夢を見る」のパゴスの遺体解体シーンでも出て来ている。


    ・追ってくるテレスドン。テレスドンの尖った顔をよく生かした迫力あるカット。

    cf.)テレスドンの初登場回『ウルトラマン』第22話「地上破壊工作」はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6563618.html

    ・サーモグラフィーでテレスドンの内部の火炎袋が見える。

    ・バコさんが焼いた焼き芋がおいしそうだ。「使えるものなら何でも使って実現する」という言葉はアナログ特撮の真髄でもある。


    ・カブラギシンヤが使う怪獣メダルの製造機。超獣製造機の小型版のような雰囲気がある。

    ・ユカが保存していたネロンガの角。これがウィンダムの電力源問題解決の糸口となる。

    ・セブンガーの硬芯鉄拳弾がヒットするも、テレスドンには効かず。


    ・『ウルトラマンエックス』(2015)第3話「夜を呼ぶ歌」で見せた、テレスドンのトルネードアタック。

    ・ウィンダム登場。両腕がグルグル回る。

    ・そのままテレスドンに電撃アタック。これは今回の新技だ。


    ・×印になったセブンガーの目がかわいい。今回のベータスマッシュは猪木オマージュではなく、ダッシュしながらカッコよく登場。


    ・ジラースメダル。

    ・まさかのエリマキテレスドン。エリマキから無数の棘のような攻撃が。ちなみに原典のジラースにもこんな技はなかった。

    cf.)ジラース登場回の『ウルトラマン』第10話「謎の恐竜基地」はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6636518.html

    ・ベータスマッシュでもゼスティウム光線が放てることが判明。


    ・エリマキから炎も吹き出す。便利なエキマキだ。


    ・ウィンダムがエリマキをはがす。お約束でもある展開。

    ・アルファエッジのゼスティウム光線。今回も空中撃ちだった。

    ・ウィンダムがまさかの全身からミサイル。ベロクロンのようだ。

    cf.)ウィンダム登場回『ウルトラセブン』第24話「北へ還れ!」はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6556270.html

    ・さすがのテレスドンも粉微塵だ。


    ・パソコン画面を眺めながら不敵に微笑むヘビクラ隊長。


     辻本監督のミニチュア特撮愛が満載だった。テレスドンは夜の方が映えるので、特撮ナイトシーンが欲しかったところ。

    次回はジャグラーが登場。やはりヘビクラ隊長はジャグラーだったのか。。。

    それだけでなく、あのペギラも登場。ゼットランスアローが初お披露目となる。

    cf.)第5話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6593557.html

    cf.)第3話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6482254.html

    [参考]
    TV『ウルトラマンゼット』©2020円谷プロ・ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ウルトラマンダイナ
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

     7月4日(土)に放送された『ウルトラマンゼット』第3話「生中継!怪獣輸送大作戦」ではギガスやゴモラが登場し、ベータスマッシュが初登場した。脚本はシリーズ構成も務め、先日早逝した吹原幸太。監督はメイン監督の田口清隆。

    ・ギガス。おそらく新造の着ぐるみ。半目で眠たげな表情が非常にいい。

    ・セブンガーの硬芯鉄拳弾。ロケットパンチはロボットの醍醐味。一度落ちかけて、そこからブースターで加速していく演出がまた良い。技名は実際に戦車等に使用されている「硬芯徹甲弾」からのものだろうか。

    ・ロケットパンチを食らって瞳が上下するギガス。田口監督の回の怪獣は表情演出もひと味違う。

    ・観測所を破壊してしまい、クリヤマ長官に怒られる。額縁に飾ってある書には「孤軍奮闘」と書いてある。

    ・「ゴモラ岩」のために現場をストップされた親方を演じるのは一本気伸吾。萬屋錦之介/石倉三郎のもとで修業をしていた。丸腰一座の座長。もう一人の若手の男を演じるのは安保匠。

    ・飛んでいくセブンガーを映すマスコミ。中には「KCB」の人も。KCBといえば、『ウルトラマンガイア』(1998)で吉井玲子が所属していたテレビ局だ。『メビウス』(2006)第45話等にもチラッと出てくる。

    ・ゴモラ空輸作戦開始。ヘリのような、あるいはドローンのような形の機械3機で吊り上げているがゴモラの大きさからして無理があるように見える。

    ・それを補助するセブンガー。ゴモラの丸まった姿もかわいい。今度はマスコミ陣が密になって撮影している。そしてちゃっかりKCBもいる。

    ・事務次長を演じるのはロバート・アンダーソン。カナダ出身の俳優だ。

    ・滑っておっとっと。事務次長からは「カブキ・アタック」と呼ばれた。

    ・「目がかゆいなら、こいつで掻いてやるよ!」怪獣を前に臆せず銃で立ち向かうヨウコ。狙いすます姿が様になっている。

    ・ゴモラを狙う主観カット。ゲーム「怪獣バスターズ」のようだ。

    ・ゼットのインナースペースの中では花粉がないらしい。ハルキはまだゼットに対して敬語。この関係、いつまで続くのだろうか。

    ・スラッガーでのヌンチャク技もゴモラには効かず、飛ばされてしまう。

    ・ヨウコが落としたウルトラマンのメダルをくれとボディランゲージで伝えるゼット。巨大ヒーローが細かいジェスチャーをしている様がコミカル。

    ・「マン兄さん、エース兄さん、タロウ兄さん」と「兄さん」縛りの呼び方。ベータスマッシュ登場。背景もマン、タロウ、エースに因んだ演出になっていた。

    cf.)『ウルトラマン』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6642931.html

    cf.)『ウルトラマンエース』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5915827.html

    cf.)『ウルトラマンタロウ』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5925381.html

    ・アントニオ猪木のような登場イメージで現れるベータスマッシュ。「ベータスマーシュッ!!!」の声が「元気ですかー!」に聞こえる。

    ・ベータスマッシュ「1、2、3、ダー!」のポーズにしか見えない。

    ・トンカチを構えたキャラクターの看板が落ちてきて、セブンガーに当たり、ゴングの音が。遊び心がいい。因みに看板に書いてあったのは「大丸日曜大工センター」。

    ・エース譲りのバーチカルギロチン。

    ・タロウのウルトラダイナマイトのように体が燃え滾った状態で、アッパーカット!ゼスティウムアッパー。原典の『ウルトラマン』第27話「怪獣殿下 後篇」でもウルトラマンがゴモラにアッパーカットをかますシーンがあるが、そのオマージュから生まれた技だろうか。

     ゴモラを無人島に輸送することは叶わず、怪獣保護の観念もあまりないらしいこの『ゼット』の世界では、ゴモラは駆除されるしかなかった。原典『ウルトラマン』第26・27話「怪獣殿下」では尻尾を焼きちぎられ、角を折られ、スペシウムに倒れるという散々な目に遭ったゴモラ。『パワード』第11話のパワードゴモラは弱っていき力尽きた。

     『大怪獣バトル』シリーズでゴモラが味方怪獣として活躍して以来、ゴモラは悪役として出しにくいとされてきたが、今回は原典ゴモラの持つ悲劇性を順当に継承してみせた回であった。

     サブタイトルが「生中継!」ということから、報道陣のテレビカメラを通したアングルが多く映るかと思いきや、そうでもなかったのは少し残念なところ。また、ギガスはアバンだけで終わったのがもったいないので、ぜひ再登場してほしい。

     次回は2号ロボとしてウィンダムが登場。

    cf.)第4話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6535953.html

    cf.)第2話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6433016.html

    cf.)ゴモラ初登場回『ウルトラマン』第26話「怪獣殿下 前篇」はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6520129.html

    cf.)ゴモラ登場後篇『ウルトラマン』第27話「怪獣殿下 後篇」はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6533057.html

    [参考]
    You Tube ウルトラマン公式 ULTRAMAN OFFICIAL by TSUBURAYA PROD.チャンネル
    『ウルトラマンZ』第3話「生中継!怪獣輸送大作戦」-公式配信- "ULTRAMAN Z" Episode 3 -Official-
    https://www.youtube.com/watch?v=4e0zMIMo7cM
    https://ja.wikipedia.org/wiki/一本気伸吾
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村




     絶賛放送中の『ウルトラマンゼット』(2020)。エンドクレジットを見ていくと、なにやら珍しい名前が。


    「背景  島倉二千六」


    「二千六」とは「ふちむ」と読む。特撮シーンで背景となる雲などの絵を描いていく「背景」担当の方だ。雲の表現が素晴らしいため、別名「雲の神様」と呼ばれている。

    1940年生まれのため、現在御年79歳か80歳。1960年に東宝の契約社員となり、1981年に退社。その後はフリーとして活動を続け、数々の賞を受賞。2015年には内閣総理大臣賞(ものづくり日本大賞)を受賞している。


    ウルトラシリーズの特撮美術背景を描き続けてきた功労者である。


    現在放送中の『ウルトラマンゼット』でも背景の雲表現にまで注目すると、作品をより楽しめるかもしれない。

    cf.)『ウルトラマン』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6642931.html


    [参考]
    TV『ウルトラマンゼット』©2020円谷プロ・ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
    https://ja.wikipedia.org/wiki/島倉二千六
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

     6月27日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第2話「戦士の心得」はネロンガ登場回。脚本はシリーズ構成も務め、先日早逝した吹原幸太。監督はメイン監督の田口清隆。


    ・茨城県つくば市の発電所が狙われる。「クリーンインフィニティ発電所」。水力でもなく、火力でもなく、原子力でもない、クリーンエネルギーによる半永久的発電システム。詳細はなぞだが、未来を先取りしたような発電所だ。

    ・告白してきた整備班の隊員を腕相撲で負かすヨウコ。班長・イナバコジロー(バコさん)が現れた途端、態度を変える。枯れ専っぷりが描かれていた。

    ・セブンガー搭乗シーン。胸の部分が開いて通路にライトが走るCG描写がいい。田口監督も製作に関わった『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』を想起させる内容。パトレイバーよりセブンガーの方が圧倒的に強いが。

    ・変身できないハルキ。第2期ウルトラシリーズ以降、物語の初期段階でよくあるパターン。簡単にはウルトラの力に頼ってはいけない。

    cf.)変身不能回の原点『帰ってきたウルトラマン』第2話「タッコング大逆襲」はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6441050.html

    cf.)『ウルトラマンダイナ』の変身不能回はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6682150.html

    cf.)『ウルトラマンコスモス』の変身不能回はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6751477.html

    cf.)『ウルトラマンマックス』の変身不能回はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6669311.html

    ・ゼットによってデビルスプリンターの説明がなされる。映っているのはベムスター、マジャッパ、セグメゲル。今後の登場が期待される。

    ・ゲネガーグが光の国に襲来し、ウルトラメダルやゼットライザーなどの開発品を丸ごと飲み込んだらしい。光る球体がそれか。

    ・ゼットが約5000歳だと知り、急に敬語になり態度を変えるハルキ。主人公がウルトラマンに年齢を訊くのもシリーズ初の展開だろう。また、メダルケースは普通の人間の眼には見えない素材で出来ているらしい。

    ・『帰ってきたウルトラマン』(1971)第8話「怪獣時限爆弾」で加藤隊長が郷と柔道稽古をしたシーンのオマージュだろう。今回は柔道ではなく空手だが。

    cf.)隊長との稽古回の原点『帰ってきたウルトラマン』第8話「怪獣時限爆弾」はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6513923.html

    ・ヘビクラ隊長「見えるものだけ信じるな。」ジャグラーっぽい口調。実は別次元に飛んでいたジャグラーなのでは?と疑われるシーン。単なるミスリードなのだろうか。

    ・ユカが発明した特殊弾。『ウルトラマン』(1966)最終話でゼットンに使用した無重力弾を連想させる。

    ・サーモグラフィーでも捉えられないネロンガ。透明になると体温も消せることが判明。変温動物ということか。

    ・セブンガーをお姫様だっこするウルトラマンゼット アルファエッジ。かなり重そう。

    ・ネロンガの初登場回『ウルトラマン』(1966)第3話「科特隊出撃せよ」でウルトラマンの股下からネロンガを映したシーンのオマージュだろう。

    cf.)ネロンガ初登場回『ウルトラマン』第3話「科特隊出撃せよ」はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6427686.html

    ・透明なネロンガの気配を感じ、炎を纏ったキックで捉えるアルファエッジ。『ウルトラマンレオ』第15話「くらやみ殺法!闘魂の一撃」のオマージュか。

    cf.)レオの心眼会得回『ウルトラマンレオ』第15話「くらやみ殺法!闘魂の一撃」はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6449186.html

    ・上の2本の角(触覚?)を後ろ向きに曲げてしまうことで電撃を阻止。ネロンガの瞼が半開きから開いて痛みを表現したりと、芸が細かい。

    ・ユカ開発の特殊弾はセブンガーの口元から発射された。お茶を吹き出したようにも見える。

    ・特殊弾の効果で電気があたりに散らばってしまう。

    ・ゼスティウム光線を受け、背中がZの文字に光ってから爆散するネロンガ。

    ・ハルキからゼットが約5000歳だと聞いて枯れ専乙女の表情を見せるヨウコ。握っているウルトラマンメダルは次回ハルキに渡るようだ。

    主人公が簡単にはウルトラマンに変身できない理由が意外とサラッと説明され、悔い改めたり、立ち直る描写がなく従来の展開とは一線を画していた印象。前作『ウルトラマンタイガ』(2019)がハードタッチだったから、今回は割と軽めのノリでライトにいく方針なのかもしれない。

    次回も吹原幸太脚本。ゴモラが登場する。

    cf.)第3話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6482254.html

    cf.)第1話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6386096.html

    [参考]
    TV『ウルトラマンゼット』©2020円谷プロ・ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    このページのトップヘ