たかの特撮ブログ

特撮ブログです。
ウルトラシリーズを軸に
特撮関連の記事を書いています。

    カテゴリ: ウルトラマン

     10月31日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第19話「最後の勇者」はバラバ登場回。脚本は根元歳三。監督は辻本貴則。

    ・街中に突如ベムスター登場。ガスタンクを吸収。接近戦を避けるよう助言するユカ。『帰ってきたウルトラマン』(1971)の大ファンである辻本監督のチョイスだろうか。

    cf.)『帰ってきたウルトラマン』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6315068.html

    ・監視カメラの映像。辻本監督がよく使う手法だ。キングジョーSCとウィンダムが到着。ウィンダムの手が食われそうになり、ハルキは早々に変身しようとする。と、エースメダルが光る。

    ・空が割れ、何かを察して逃げるベムスター。
    後頭部を打つヘビクラ=ジャグラー。『ウルトラマンオーブ』(2016)最終回で見せた仕草だ。

    cf.)『ウルトラマンオーブ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6231535.html

    ・街中に待機するキングジョーSCとウィンダム。スマホ動画撮影で橋から見下ろすカットは前作『ウルトラマンタイガ』(2019)第23話「激突!ウルトラビッグマッチ!」でも見せた手法。

    cf.)『ウルトラマンタイガ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6253725.html

    ・エースを語るゼット「昔、世話になった。」何があったのだろうか。回想シーンの夕焼けに佇むエースの背中が良い。

    ・バラバ登場。車好きの辻本監督。今回も多数のラジコンカーを使用している。そこからの内引きカット。左側に設置された水槽の中まで細かく表現されており、きめ細やかさに驚嘆する。

    ・喋るバラバ。ヤプールの残留エネルギーが実体化したものらしい。ウィンダムがエースに見えているようだ。

    ・ミニチュアの商店街や自動車工場(?)を右往左往するカット。その中で3人の人間が戦いの様子をスマホ撮影しようとしている。おそらく監督陣のカメオ出演。うち、ひとりは田口監督に見える。
    『ウルトラマンタイガ』(2019)第22話「タッコングは謎だ」でも同様の手法が採られている。

    ・ビルの中のスポーツジムのようなフロアの内引きカットから、倒れてくるゼットが見え、背中から派手にビルを壊すゼット。ビル完全破壊ではなく、残されたビル階下部分がゼットを支え、ブリッジのような形になっているのも新しい破壊表現。

    ・「弱気になるな!ゼット!」エース登場。あの懐かしのオープニングBGM。オールドファンにはたまらない演出だ。

    cf.)『ウルトラマンエース』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5915827.html

    ・パンチレーザー、バーチカルギロチン、ウルトラネオバリアを張りながらのフラッシュ光線。得意技のメタリウム光線、そしてエースブレード。

    ・ベータスマッシュとなったゼットもゼットランスアローを持ち、バラバの両腕の武器に2人で対応する。しかし、エースブレードが折れてしまう。

    ・アロー光線、タイマーショット。そこからの高速ぐるぐるカット。アベ監督がよく多用する通称アベンジャーズカットだが、今回は高速で「これでもか!」という程回している上に、上下反転も交えており、進化していた。さしずめ、スーパーアベンジャーズカットと言ったところか。

    ・ストップリングでバラバの動きを止めている隙に、スペースQをゼットのウルトラホールに託すエース。そこからスペースZを放つゼット。「ヤプール死すとも超獣死せず」というヤプールの名台詞を吐いて散るバラバ。因みに、この台詞は板垣退助が残した言葉とされる「板垣死すとも自由は死せず」が元ネタ。ただ、実際には言っていないという説もある。

    ・「バラバがバラバラ」ひとりオヤジギャグを呟くジャグラー。

    ・ゼットの名付け親はエースであったことが判明。この地球を守る最後の勇者になれるよう願いが込められているとのこと。本当の親というわけではないのか。では、ゼットもエースと同じように、孤児という設定なのだろうか。このあたりは後々、超全集に掲載される小説などで明らかになるのだろうか。

    ・Zマークを残して飛び立つゼット。そこに一線プラスしてAマークにしてしまうエース。飛び去り方まで粋な計らい。

     『ウルトラマンエース』(1972)で北斗星司を演じた高峰圭二がエースの声を担当し、「光線技の名手」と言われるエースから繰り出される多彩な技を全てコールするというスペシャル演出も嬉しかった(本来はあまり光線名はコールしないので、その辺は賛否両論ありそうだが)。因みに、エースリフターという技があるように、実は力持ちという設定もある。

     スペースQをゼットに託し、最後はゼットに譲る形を採ったのは、主役を潰さない配慮というのもそうだが、後輩たちに想いを託す暗喩だったのではないだろうか。つまり、「レジェンド4」と言われる初代ウルトラマンからエースまでの主人公を演じたお歴々(黒部進、森次晃嗣、団時朗、高峰圭二)も今回のような声優仕事が精一杯で体力的にも出演は難しい年齢になってきているし、ウルトラを背負ってきた想いを、現在第一線で製作に携わっているスタッフや新たな俳優陣たちに引き継ぐ、という意味で、ある種の「儀式」だったのではなかろうか。

     ミニチュア特撮表現が緻密な上に、破壊表現等も新たな形にチャレンジしており、ボリューム感満点の特撮内容だった。辻本監督のように、第二期ウルトラシリーズで育った世代が主要監督陣に多いので、近年はジャックやエースにも度々スポットが当たるのが嬉しい。今回は往年のオールドファンなら痺れっぱなしの回だったに違いない。

    cf.)第18話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7684434.html

    [参考]
    TV『ウルトラマンゼット』©2020円谷プロ・ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     ウルトラマンリブット。マレーシアのアニメ作品『ウピンとイピン』の中で、円谷プロ公認のキャラクターとして2014年に登場。実写版スーツも製作され、日本では『新ウルトラマン列伝』の最終回に初登場し、2019年の『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』で本格的にデビューし、活躍した。

     ニュージェネたちの中で、ひとりだけ色味も少なくデザイン的な装飾も少ないこのリブットが、なぜだかひたすら格好良く見える。その理由を下記3点から考えた。

    1、デザイン
     ニュージェネレーションヒーローズのデザインは多岐にわたる。体の各所にクリスタルをあしらったギンガ、黒を基調に挑戦的な頭部デザインが目を引くビクトリー、ヘッドホンのような耳とサイバーチックな模様のエックス、黒を基調とし大剣を携えたオーブ、大きく尖った水色の目をしたジード、赤い炎と青い水の装飾をそれぞれあしらった兄弟・ロッソとブル、そしてまさかのオレンジ色が特徴的な女戦士・グリージョ。皆一様に多彩である。

     そんな中でリブットは初代ウルトラマンのデザインから大きく逸脱することなく、体色は赤と銀。装飾も少なく、左腕の小さなシールド(使用時には大きくなる)と、斜めに切り込みの入った耳が若干目を引くぐらい。体の模様も初代ウルトラマンのラインを基調としながら、曲線と角を巧妙に織り交ぜただけで、初代との見分けがつけば良い程度に留めている。

     シンプル・イズ・ザ・ベスト。ごちゃごちゃした装飾をつけるより、初心に還って初代のスマートで流麗なフォルムに近づけた方が格好良いということである。成田亨と佐々木明で生み出された初代ウルトラマンが、結局のところ一番。“真実と正義と美の化身”は令和となった現代に至ってもその価値は変わらない。普遍的な要素が凝縮されているのだ。

    cf.)初代ウルトラマンのデザインについてはこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6180062.html

     図らずも、『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』で、ニュージェネたちと並び立つことで、そのことが証明されてしまった。ただ、かといってニュージェネたちの格好良さが色褪せるわけではないので、そのことだけは付け加えておこう。

    2、戦闘スタイル
     リブットの戦闘スタイルは独特で、「シラット」という格闘技をモチーフとしている。敵が腕で攻撃してきたら、その腕からダメージを与えていく、という感じで、いきなり顔やボディを狙わない。末端から徐々に破壊していく、という主旨が斬新且つスマートである。

     また、左腕に盾を装備しており、使用時にはこれが大きくなり、敵の攻撃を弾く。盾というと、ウルトラマンジャックのブレスレットシールドを想起させるが、『帰ってきたウルトラマン』(1971)第40話「冬の怪奇シリーズ まぼろしの雪女」のスノーゴン戦くらいしか使った実績がない。また、ウルトラマンゼロも『ウルトラゼロファイト』(2012)で使用している。バリアではなく、盾という実物を使うところがポイントで、これが戦士感をアップさせ、「守る」という専守防衛性の演出に一役買っている。そもそも、ウルトラマンとは「何かを守るために闘う」者であることを忘れてはならない。左腕に携えた盾は本質を理解した上での装備であり、これを常備することになった所以にもエピソードがありそうで、想像が尽きない。

    cf.)『帰ってきたウルトラマン』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6315068.html

    cf.)『ウルトラマンゼロ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6085844.html

     因みに、ウルトラシリーズではないが、グリッドマンもバリヤソードという盾を使用し、盾に剣が収納されている。

    3、出来る男であること
     「ギャラクシーレスキューフォース」の一員として活躍するリブット。ウルトラマンタロウの忠告を最後まで聞かずに飛び出したロッソとブルを、エタルガーの罠から難なく救い出す。また、タロウから「もうひとつ頼まれてくれないか?」と依頼されたとき、「わかっています。既にギャラクシーレスキューフォースの同士に探らせています。」と答える。言われる前に動ける男。出来る男感が半端ないのだ。

     魔法空間にいたトレギアを発見し、一戦交えるまでに至る。トレギアは逃がしてしまうが、トレギアが差し向けたレッドキング2体を初代ウルトラマンの八つ裂き光輪を想起させる技で撃破。ニュージェネレーションヒーローズが表舞台で活躍する中、裏方で重要な役回りを演じたリブットの功績は大きい。

     頭の回転が速く、先を読んで行動できるところが高ポイント。タロウから信頼されているということは、これまでも重要な案件を色々と処理してきたのだろう。

     以上、品格と才覚を兼ね備えたリブットの魅力を語ってみた。11月から配信される次回作『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』でもリブットが活躍するので、楽しみでならない。


    [参考]
    Blu-ray『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』©円谷プロ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ウピンとイピン
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     引き続き「特撮のDNA」レポ。

    ・『快獣ブースカ』のポスター。水曜夜7:00、日本テレビ(4チャンネル)で放映していた。
    ブースカを囲む9人の子役。ミー子、ヒロシ、ジロ吉、メチャ太郎、一郎、ゾロメ、チョロ吉、ゴンタ、大作。

    ブースカのへそに手を突っ込んでいるのはメチャ太郎。指をくわえているのはチョロ吉。この顔はかなりのポテンシャルを秘めている。芸人としてもやっていけそう。

    image

    ・ブースカの設計図。

    image

    ・ブースカ。よく見ると出べそだ。

    image

    ・撮影で使用されていたもの。ブー冠。ラーメンどんぶり。ブースカの尻尾。地底戦車(たんく)は撮影用オリジナルを修復したものだろうだ。

    image

    cf.)その1はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7691964.html

    [参考]
    「特撮のDNA~ウルトラマンGENEOLOGY~」©円谷プロ・特撮のDNA製作委員会
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     10月17日(土)、特撮のDNA~ウルトラマンGENEALOGY~に行ってきた。

     この日は雨だったが、会場内は結構な人の数。物販ブースを抜けないと出られない作りとなっており、その物販ブースは人数制限があるため、会場内の展示物を見た後は長蛇の列に並ぶこととなる。適度な距離を空けて。

     もちろん、物販に興味ない人は申告すれば先に通してもらえる仕組みだが、ほとんどの人が「せっかく来たのだから」と何かしら手に取っていた。

    ・まずは大きな看板がお出迎え。

    image

    ・昭和のテレビシリーズの主役ウルトラマンたち。ウルトラマン、セブン、タロウが最前面に出る並びは、ゲーム「ウルトラマン Fighting Evolution」を想起させる。

    image

    ・ゼロ、80、マックス、グレート。

    image

    ・成田亨が描いた「真実と正義と美の化身」。レプリカの受注制作販売。高いので手が出ないが、どれほどの人が買い求めるのだろう。

    image

    ・『真実と正義と美の化身』
    凛としたマスクと姿勢、アルカイックスマイルを湛えながら、その構えは容赦なく相手を倒す覚悟に満ちている。左手の拳は強く握られているのか、軽く握られているのか。見る人によって感じ方が違うかもしれない。背景の深い青が良く、化身を一層際立たせている。

    image

    ・ウルトラマンの雛形。ウルトラマンには完成デザインは存在せず、成田亨によるデザインの変遷の途中、最後は造形の佐々木明と一緒に粘土原型を一緒に作り、完成に至ったという。

     これは佐々木明が後年、自らの手で再制作したもの。やはり最初はカラータイマーがない。来年(2021)公開予定の映画『シン・ウルトラマン』はこの原初形態に忠実で、カラータイマーのないウルトラマンが登場する。超原理主義派とでもいうべきか。

    image


    cf.)その2はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7693675.html


    [参考]
    「特撮のDNA~ウルトラマンGENEOLOGY~」©円谷プロ・特撮のDNA製作委員会
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     10月24日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第18話「2020年の再挑戦」はケムール人登場回。脚本は継田淳。監督は辻本貴則。

    ・パゴス登場。キングジョーSCとウィンダムが対峙する。しかし、突如消えてしまう。

    ・観覧車を懐かしそうに見つめる昭和チックな服装のカオリと知り合うハルキ。「私を殺して!」とハルキに迫るカオリ。演じたのは宇田川かをり。原典である『ウルトラQ』第19話「2020年の挑戦」に登場した宇田川刑事と同じ苗字だ。もしやそれがキャスティングの決め手だろうか。

    cf.)『ウルトラQ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6654971.html

    ・相次ぐ人間消失事件。原典ではプールの飛び込み台から飛び込む男を着水目前で消したり、牛乳(?)を飲もうとする男を消してコップと零れる液体だけ残したり、ゴーカートに乗る女を消したり・・・。中野稔らがなかなか凝った合成表現を実現している。だが今回はCGで綺麗に消せる時代なのに、あまり捻りが感じられなかった。

    ・『2020年の挑戦』の本が初映像化。著者の神田博士の下の名前が判明。「神田 混」というらしい。

    ・薄暗い倉庫でカオリを探すハルキ。倉庫には「サンセットジュース」という飲み物が。メトロン星人を想起させるネーミング。

    ・ケムール人は若い人間の肉体の合成に失敗したため、カオリの意識が現存している状態らしい。このあたりの設定はしっかりと後日談を作ろうとした跡が感じられる。

    ・ケムール走りで逃げ出すケムール人。だがよく見ると、倉庫から逃げ出す最初の走り出しが、若干スキップ気味だった。

    ・ゴンドラのひとつを爆弾にすり替えていたケムール人。ゴンドラが頂上に達したら爆発し、人間転送液が雨雲に乗って広範囲に降り注いでしまうという。時間制限の要素が生まれ、スリリングな展開に。アイディアが秀逸。観覧車はミニチュアを本編シーンにも合成していたようだ。作り込みが凄い。

    ・ボートのミニチュアが目を引く。辻本監督らしい演出だ。

    ・デスシウムスラッシュ。カオリとケムール人の分離に成功。

    ・昭和から令和の時代に放り出され、ケムールの束縛からも解放されたカオリ。宛もなく、普通ならこの先への戸惑いや不安があってもいいはずなのに、妙に泰然自若としている。ケムールから解放された解放感がそうさせているのだろうか。

    ・パゴスは生還。地中に還った。前作『ウルトラマンタイガ』(2019)第11話「星の魔法が消えた午後」では不幸な運命を辿っただけに、今回は無事で良かった。

    cf.)『ウルトラマンタイガ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6253725.html

    ・ハルキの「プリン食べちゃう?」の台詞は平野宏周のアドリブ。

     原典『ウルトラQ』(1966)でケムール人のスーツアクターを務めた古谷敏は、次作『ウルトラマン』(1966)でウルトラマンのスーツアクターを務めることとなった。今回ケムール人のスーツアクターを務めたのは石川真之介。『劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』(2016)でウルトラマンを務めている。つまり、古谷敏の逆パターンとなったのだ。

     脚本の継田淳は『ウルトラゾーン』(2011)で怪獣ショートムービーの監督を務めた経験もある。

    cf.)『ウルトラゾーン』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6055472.html

     名作の後日談をなんとか形にした感がある。辻本監督もそれに応え、昭和チックな服装や夜の観覧車、ゴンドラ爆弾、そしてケムールの体を押し退けてニュッと出てくるカオリ・・・という印象的なビジュアル演出に加え、当時の音響・BGMを使ってこだわっている。ただ、欲を言えば、重要なゲスト役に経験の浅い女優を当てるのだからしっかりとした演技指導をしてあげてほしかった。「画竜点睛を欠く」とはこのことである。辻本監督はミニチュアには凝るが本編演技は役者だのみ、というイメージが強くなってしまったのではないか。

     原典を演出した飯島敏宏監督はご健在だが御年88歳。できれば今回もご自身で後日談を演出してほしかった。彼は『ウルトラマンマックス』(2005)のバルタン星人回を監督した時点で既に胃を全摘しており、今回は体力的にも厳しかったのか、あるいは「M78星雲=沖縄の幻想郷ニライカナイ」のイメージを崩してしまった『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009)以来のシリーズにはついていけないからなのか、そもそも知らせだけでオファーがなかったのか。

     大好きな監督の原典作品なだけに、今回の後日談の出来栄えがやや残念。やはり手を出すべきではなかったのではなかろうか。。。

    cf.)第19話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7711430.html

    cf.)第17話はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7683862.html


    [参考]
    TV『ウルトラマンゼット』©2020円谷プロ・ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京
    『バルタン星人を知っていますか? テレビの青春、駆けだし日記』著:飯島敏宏+千束北男 出版:小学館

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

    このページのトップヘ