たかの特撮ブログ

特撮ブログです。
ウルトラシリーズを軸に
特撮関連の記事を書いています。

    カテゴリ:ウルトラマン > ウルトラマン

     『ウルトラマン』(1966)でイデ隊員を演じた二瓶正也が8月21日、誤嚥性肺炎で亡くなっていたことが分かった。享年80歳。

    cf.)『ウルトラマン』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6642931.html

     イデ隊員といえば科学特捜隊のムードメーカー。コメディリリーフ的役割でありながら、武器を作らせると凄かったり、敏腕科学者でもあった。

     主人公のハヤタが割と無表情で超然としており、人間的な感情を表に出す場面があまりないのに対して、イデは感情豊かで非常に人間味溢れる役柄だった。怠惰な面もあるが憎めない存在。それは演じた二瓶正也自身の人柄でもあったような気がする。

     晩年はよくインタビューに出演する機会があったが、現役時代のスマートな体型とは打って変わって大分ふくよかになった体型で、大きく口を開けて「ガハハハ」と豪快に笑う姿が印象的だった。

     ほがらかな性格が全身から滲み出ており、こんな祖父や叔父がいたらいいなと思わせてくれた。

     『ウルトラマン』第2話「侵略者を撃て」では、宇宙語を披露して視聴者をセンス・オブ・ワンダーの世界へ誘い、また勇気を振り絞ってバルタン星人と交渉しようとした。

      第23話「故郷は地球」では、ジャミラに同情し、ラストシーンで「犠牲者はいつもこうだ。文句だけは美しいけれど・・・」という名言を残した。

      第30話「まぼろしの雪山」では、孤児であるユキに自分を重ね合わせ、ウーを攻撃するのに難色を示した。

      第37話「小さな英雄」では、ハヤタに悩みを吐露。依頼心故に戦いの中でピグモンを死なせてしまい、ハヤタに叱咤激励される。


      思えば、我々はイデ隊員であった。つまり、イデ隊員を通して物語の中に入り込むことが出来たし、イデ隊員に感情移入することで他者への共感を獲得できていたのだ。

      作家の有川ひろは「自分だったらこっち(イデ隊員)を主人公に書いちゃう」とウルトラマンアーカイブスで語っている。

      因みに、『ウルトラQ』(1966)では3度も違う役で出演し、『ウルトラマン』以降のウルトラシリーズにも度々違う役で出演している。

      『ウルトラマンマックス』(2005)ではダテ博士役で出演。『ウルトラマン』(1966)ではイデ隊員として開発したマルス133でバルタン星人を焼き払ったのに対し、『マックス』では「何でも元に戻す光線」を出すメタモルフォーザを開発し、ダークバルタンを元の少年の姿に戻して救うという、感慨深い活躍を見せた。

    cf.)『ウルトラマンマックス』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5997988.html

    cf.)バルタン星人についてはこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6867426.html

      ドイツ人の父を持ち、特徴的な彫りの深い顔立ちで表情豊かに振る舞う様が印象深く、我々の心をいつまでも掴んで離さない。

      今頃はウルトラの星でムラマツキャップ役の小林昭二らと酒を酌み交わしているかもしれない。


    [参考]
    DVD『ウルトラマン』©1966円谷プロ
    Blu-ray『ウルトラマンアーカイブス「故郷は地球」』©円谷プロ
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村


     引き続き「特撮のDNA」レポ。

    『ウルトラマン』(1966)のブース。

    cf.)『ウルトラマン』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6642931.html

    ・ウルトラマン人形は造形の佐々木明が後年、自ら再制作したもの。
    ジェットビートルはオリジナルの木型を金属で包んだもので、1988年に郡司模型製作所が製作したもの。
    カラータイマーは内部に赤や青のセロファンを仕込んで色の表現が区別されていた。お金を掛けずに工夫で乗り切る努力が垣間見られる。

    image

    ・ハヤタ隊員が撮影で着用していた隊員服とヘルメット。上着は一体型。前開きでネクタイの下にファスナーが隠されている。ハヤタの制服のみ、左脇にベーターカプセルを収納するファスナー付きポケットがある。

    ベーターカプセルや流星バッジ型通信機、スパイダーショットはレプリカ。

    スーパーガンは撮影で使用されたもの。ホルスター収納時は銃身が格納されコンパクトに携帯できる。親指でセーフティを解除すると銃身が飛び出す仕組みらしい。

    image

    ・左のマスクがBタイプ。右のマスクがCタイプ。どちらもレプリカ。

    image

    ・こ、これは、最終回「さらばウルトラマン」に出て来たゼットン星人の円盤ではないか!

    image

    ・第35話「怪獣墓場」でシーボーズを宇宙へ還すために使われたウルトラマンロケット。撮影で使用されたオリジナルの上部のみ。

    にせウルトラマンのマスクはレプリカ。

    image

     54年間の歴史を感じさせる傷や汚れ、腐食は見ているだけで感極まるものがある。よくぞ残っていてくれた!と言いたくなる。

    cf.)その6はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7756552.html

    cf.)その4はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7737795.html


    [参考]
    「特撮のDNA~ウルトラマンGENEOLOGY~」©円谷プロ・特撮のDNA製作委員会

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     いつだって物語は時代に寄り添うものである。ウルトラシリーズといえどその例外ではない。ウルトラマンの前に度々姿を現してきたバルタン星人もまた、時代の変遷とともに、その描かれ方も移り変わってきた。

     ここでは、飯島敏宏が監督したバルタン回のみを扱い、『ウルトラマン』(1966)第2話・第16話でのバルタン回を昭和、『劇場版ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』(2001)・『ウルトラマンマックス』(2005)第33・34話のバルタン回を平成、と便宜的に呼ぶことにする。そして、「危機意識」「犠牲者数」「子ども」の3点から考察してみたい。

    ・危機意識

     まず、昭和では核兵器への危機意識が強く感じられる。バルタン星人の母星は科学者の核実験のために滅んでしまった。また、ラストでは彼方での爆音と光、という原爆を想起させる演出に、不穏なBGMを被せている。これは、昭和の放映当時はまだ戦争の記憶が色濃く残っていたことや、冷戦下でのキューバ危機など、核戦争勃発の恐れを身近に感じていたことが大きい。

     対して、平成では環境破壊への危機意識が強く感じられる。環境を顧みずに経済を推し進めてきた結果、地球を汚してしまった人間。地球環境を蔑ろにしたまま、いま月や火星といった宇宙にまで汚れた手を伸ばそうとしている。宇宙から見たら、そんな人間は害悪である、というのがバルタン側の大義名分である。核戦争で母星が滅んだという設定は残しつつも、その部分は演出上あまりフィーチャーされていない。昭和期に高度経済成長を遂げ、環境を無視してきたツケが温暖化やゴミ問題、絶滅危惧種、公害、その他色々な形で顕在化してきた平成。明らかに問題意識がシフトしている。

    ・犠牲者数

     昭和では、バルタン側は全滅に近い被害を被る。第2話では約20億3千万のバルタンを乗せた宇宙船ごと爆破され、生き残ったバルタンたちが第16話で復讐するが、これも返り討ちに遭っている。一方、平成では、犠牲者数が格段に減る。『コスモス』ではネオバルタンが自爆を遂げただけに留まり、『マックス』では侵略してきたダークバルタンですら、元の姿を取り戻して生還。犠牲者ゼロという結果となった(人間側の犠牲に関しては描かれていないだけかもしれないが)。

     ただし、昭和の第2話のラストにおいても宇宙船の破壊をそのまま描くのではなく、ウルトラマンが彼方へ運び去ってからの爆音と光、という幾分マイルドな表現になっている点も見逃せない。これは飯島敏宏の持つ優しさの表れではないだろうか。飯島敏宏本人も、「あれは宇宙船をワープさせた衝撃音だった、と解釈してほしい」と弁解し、大量殺戮とも捉えることのできる演出を後悔したという。

     昭和の第2話は製作第1話。様々な設定を脚本に反映させなければならず、科特隊のキャラクター付けも任され、前代未聞の喋らない銀色仮面のヒーローを格好よく演出しなければならない、という逼迫した状況下、どうしても悪役の扱いを丁寧に収めるところまで手が回らなかったのだろう。とはいうものの、バルタン星人の「生命とは何か」という問いや、宇宙語、分身、光線、脱皮…といった演出の数々は、宇宙人として十分にセンス・オブ・ワンダー溢れるものだったし、子どもたちを惹きつける魅力に満ち満ちていた。

     平成ではCG技術とアナログ特撮の融合を図り、そんなセンス・オブ・ワンダーをさらに膨らませつつ、昭和では描き切れなかったバルタン星人にスポットを当て、視聴者とともに理解を掘り下げ、「本当は敵なんかいない」というバルタン問題の理想的解決へと近づけた。昭和の第16話でバルタン殲滅のために新兵器「マルス133」を使用した二瓶正也(イデ隊員)が、平成の『マックス』第34話ではダテ博士として「メタモルフォーザ」を開発、ダークバルタンの身体を元の姿に戻す活躍をしたのは実に感慨深い。

     もし令和となった今、再び飯島敏宏がメガホンを取りバルタン回を演出するなら、「バルタンと人類が友好関係を結び、共存している世界」というような、より理想的なビジョンを見せてくれるかもしれない。

    ・子ども

     昭和では、ホシノ少年が登場するが、大した活躍は見せていない。これは、科特隊のキャラ付けの方に比重を置いたため、ホシノ少年にまで手が回らなかったためであろう。バルタンとの折衝はすべて科特隊、つまり大人たちで行われる。イデの宇宙語は挫折し、ハヤタとの交渉は決裂してしまう(第16話ではイデが開発したパン・スペース・インタープリターが登場するが、バルタンの宣戦布告を翻訳するのみで、交渉は出来ていない)。

     一方、平成では、子どもたちが主体性を持って活躍する。『コスモス』では子どもの夢・願い・希望の象徴としてコスモスが登場し、バルタン側の子ども・シルビィと子どもたちの友好が描かれる。『マックス』においても、「嘘つき少年」と蔑まれながらも諦めずに訴え続けた子どもの活躍が、大人たちを動かす。バルタン側の子ども・タイニーと子どもたちの活躍により、マックスが復活し、銅鐸のようなアイテムによりダークバルタンを止めることに成功する。

     このことから、飯島敏宏が子どもたちに寄せる想いを感じ取ることが出来る。つまり、地球の未来を絶望するのではなくて、明るい未来を信じて夢を持ち、そこに向かって進むこと。他人任せではなく、主体性を持って自分たちで考え続けること。その中で打開策が生まれ、平和問題や環境問題が改善していくことを期待しているのではないだろうか。警鐘や風刺に満ちた作品の中に、ある種の希望が垣間見えるのは、子どもたちへ託した一縷の望みなのだ。

     センス・オブ・ワンダー溢れる空想科学で子どもたちの想像力を刺激し、夢を見せてくれた飯島敏宏。考えるきっかけを与えられた我々は、考え続け行動し続けることによって、ウルトラマンとバルタンが戦わなくて良い未来を迎えたいものだ。できれば彼が存命のうちに。

    cf.)前編はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6859305.html

    cf.)戦時中を生きた子ども時代の自伝的小説『ギブミー・チョコレート』についてはこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/7207373.html

    cf.)『ウルトラマン』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6642931.html

    cf.)『ウルトラマンコスモス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5982670.html

    cf.)『ウルトラマンマックス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5997988.html

    [参考]
    DVD『ウルトラマン』©1966円谷プロ
    DVD『劇場版ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』©2001円谷プロ/映画ウルトラマンコスモス製作委員会
    DVD『ウルトラマンマックス』©2005円谷プロ
    Blu-ray『ULTRAMAN ARCHIVES 侵略者を撃て』©円谷プロ
    『「ウルトラマン」の飛翔』著:白石雅彦 出版:双葉社
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村



     『ウルトラマン』(1966)第2話「侵略者を撃て」はバルタン星人の初登場回。監督・脚本はともに飯島敏宏(脚本クレジットの千束北男は飯島敏宏のペンネーム)。特殊技術は的場徹。

     放映では第2話だが、製作順としては第1話。金城哲夫から企画や未確立だった設定を聞かされた飯島敏宏が、暗中模索の中、筆を走らせた脚本から生まれた。

     核実験で滅亡してしまった母星から逃れてきたバルタン星人。地球への移住を希望するが、人間との交渉は決裂し、侵略に走る。巨大化したバルタン星人を倒したウルトラマンは、バクテリア程の大きさになって宇宙船に留まっている約20億3千万のバルタン星人を、宇宙船ごと彼方へ運び去る。遠くで爆発の音と光。とくに説明はされていないが、大量殺戮ともとれる描写がなされている。

     続く第16話「科特隊宇宙へ」も飯島敏宏が監督・脚本を担当。二代目バルタン星人や小型のバルタン星人の群が登場し、陽動作戦を駆使して人類に復讐を仕掛けてくる。その際、前回の戦いで「ほとんど全滅してしまった」という説明が二代目の口からなされている。やはりウルトラマンと科特隊の活躍によりバルタンを倒すことに成功。

    cf.)『ウルトラマン』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6642931.html

     その後も幾度となくバルタン星人は登場するが、しばらく飯島敏宏は携わっていない。

     そして時は経ち、2001年。円谷英二生誕100周年であり、ウルトラマン誕生35周年となったこの年、飯島敏宏は再びバルタン星人を演出することとなる。『劇場版ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』である。7月20日に公開となったこの映画は、ウルトラマンと少年の出会いに力点が置かれた。世界観や設定が一新されたこのシリーズでは、バルタン星人の描かれ方も改められている。争いを繰り広げるバルタンと人間(=大人社会)に対して、子どもたちの夢や願いの形としてコスモスが登場する。バルタンの侵略を止めに入るコスモスであったが、バルタン星人は自爆という道を選び、残されたチャイルドバルタンたちは自分たちが汚してしまった星に帰ってやり直す、という結末を迎えている。

    cf.)『ウルトラマンコスモス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5982670.html

     同年の9.11を経て、2006年、『ウルトラマンマックス』(2005)第33・34話「ようこそ!バルタン星人」(前後編)が現時点で最後のバルタン星人演出となっている。

     バルタン星人は穏健派と過激派に分かれ、過激派のダークバルタンが地球に攻めてくる。バルタン星人の設定が掘り下げられ、より空想科学色の強い回となった。マックスやタイニーバルタン、そして子どもたちの活躍により、ダークバルタンを止めることに成功し、ダークバルタン自身も元の姿を取り戻し、タイニーバルタンと共に母星に帰っていく。

    cf.)『ウルトラマンマックス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5997988.html


     さて、飯島敏宏がバルタン星人を通して我々に言いたいこととは何だったのだろうか。

     飯島敏宏は1932年9月3日生まれ。終戦の1945年8月15日の時点では12歳だった。戦前と戦後を経験したことにより自身の中に相反する2つの価値観を持ち合わせるに至り、そうした境遇が『ウルトラマン』の中に「科学への憧れと懐疑」といった二律背反の傾向を持たせることになる。

    cf.)戦時中を生きた子ども時代の自伝的小説『ギブミー・チョコレート』についてはこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/7207373.html

     たとえば、初代『ウルトラマン』における科特隊の活躍。科学の力を以て怪獣や宇宙人に応戦していく彼らは、基本的に科学の力を信じている。イデ隊員が発明する翻訳機や最新兵器は目を見張るものがあり、科特隊だけで怪獣を倒す描写もしばしば存在する。また、第2話においては、防衛軍がバルタン星人に対し、核ミサイル「はげたか」を発射する。これは飯島敏宏によると、限定核であり、原爆のようなものではなく、小さい範囲だけに多大な破壊力を発するような代物として描かれている。科学が発達した近未来ならそんなことも可能であろう、という、科学に対してオプティミストであったと述懐している(核実験で滅亡した星から来たバルタンに対し核を使ってしまったという点は後悔したという)。また、『コスモス』ならSRCの活躍。『マックス』なら重力バランス操作を理由とした『E.T』や『ハリー・ポッター』のようなファンタジー的描写。これらも科学に対する憧れと捉えることができる。

     その一方で、第2話においてはバルタン星の滅亡理由は核によるものとされ、ラストでは彼方での爆音と光、という原爆を想起させるような演出に不穏なBGMを被せている。『コスモス』や『マックス』では行き過ぎた科学と経済活動を原因とした環境問題が取り沙汰されている。こうした科学に対する懐疑といった面も垣間見えるのである。

     このように、科学へのアンビバレントな態度の象徴として、バルタン回は存在する。つまり、バルタン星人とは、我々人類の反面教師であり、科学や経済の進め方を一歩間違えればこうなりかねない、という未来の姿なのだ。実際に、『マックス』第34話では、バルタンたちが実は元々人間と同じ姿形をしていて、行き過ぎた科学と経済の果てに醜い体質変化を遂げてしまった旨が説明されている。

     彼らは「悲劇の宇宙人」であると同時に、「未来の地球人」でもあったのだ。上半身はゴツゴツとして手には大きなハサミを持っているにも拘らず、意外にも下半身はあっさりとした、ある種の知的さをも感じさせるフォルムからは、望まぬ進化を遂げてしまった悲哀すら漂ってくる。あの異形の姿そのものが我々への警鐘なのだ。

    後編に続く。

    cf.)後編はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6867426.html

    [参考]
    DVD『ウルトラマン』©1966円谷プロ
    DVD『劇場版ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』©2001円谷プロ/映画ウルトラマンコスモス製作委員会
    DVD『ウルトラマンマックス』©2005円谷プロ
    Blu-ray『ULTRAMAN ARCHIVES 侵略者を撃て』©円谷プロ
    『「ウルトラマン」の飛翔』著:白石雅彦 出版:双葉社

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

     『ウルトラマン』(1966)はどのような経緯で製作されたのだろうか。武田薬品一社提供枠「タケダアワー」で放送された本作は、TBSでは初となるカラー特撮番組である。

     1966(昭和41)年、『ウルトラQ』が満を持して放送され、平均視聴率30%超えという空前の大ヒットを記録。実は次回作は1965年8月頃から検討されていた。「民間人が毎回、怪事件に遭遇する」という『Q』の不自然さを解消すべく、怪事件の解明を専門とした組織「科学特捜隊」が考案され、さらに正義の怪獣「ベムラー」を主人公とする企画書が書かれた。

     メインライターは円谷特技プロ企画文芸部室長・金城哲夫。TBSプロデューサー・栫井巍(かこいたかし)らとともに、様々なアイディアが出されていった。

     企画書「科学特捜隊ベムラー」におけるベムラーのデザインは、カラス天狗のようにクチバシや羽根を持ったものであった。しかし、正義のヒーローに見えず、不採用となる。

     続く企画書「科学特捜隊レッドマン」においては、『Q』でケムール人やペギラ等のデザインを手掛けた成田亨がレッドマンをデザイン。甲冑を身に纏ったようなデザイン等を経て、宇宙服なのか模様なのか見分けがつかないようなデザインとなり、余計なものが削ぎ落されどんどんシンプルになっていった。これには、本作品はアメリカへのセールスを前提としており、アメリカの事情に詳しいTBSの大谷乙彦らが「今の形では外国人に受け入れられない。もっと無表情な鉄仮面のようなものの方が謎があっていい。」と提案した影響もあるようだ。

     最後は造型を担当した佐々木明と共に粘土細工に直接手を入れながら完成。このときはカラータイマーはついておらず、後の撮影直前になって勝手に付け足されたという。

    FullSizeRender

    cf.)ウルトラマンのデザインの変遷についてはこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6180062.html

    cf.)ウルトラマンのマスクの造型についてはこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6183384.html

    cf.)成田亨のデザインへの帰還を図る2021年公開予定映画『シン・ウルトラマン』についてはこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/5152928.html

     「レッドマン」というタイトルは、タイトル盗用を防止するためのダミータイトル。この段階で既に、「飛行機事故でサコミズを死なせた宇宙人レッドマンが責任を取ってサコミズの身体を借りる」という基本フォーマットが描かれており、この「サコミズ」という名前は後に『ウルトラマンメビウス』(2006)の隊長役の名前に使われることになる。

     なお、レッドマンは故郷の星を侵略者によって既に滅ぼされていたり、サコミズには人気歌手の恋人がいることなどが盛り込まれている。この人気歌手の恋人の存在も後に漫画『ULTRAMAN』(2011)の設定として採用されている。

    cf.)『ウルトラマンメビウス』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6016964.html

    cf.)アニメ『ULTRAMAN』第3話はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6031944.html

     『ウルトラQ』の「ウルトラ」を継承した『ウルトラマン』というタイトルが商標登録されるのを待ち、正式タイトルお披露目となった。

     7月17日の本放送に先立ち、一般試写会が豊島公会堂など都内の各会場で開催された。その最終会場である杉並公会堂での試写会は、第1・2話の上映の他、円谷英二、科特隊のメンバー、ナンセンストリオなどのゲストが登場。ウルトラマンや怪獣たちの立ち回りが披露され、豪華な内容となった。

     この模様が7月10日に『ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生』のタイトルで、第3話の特撮シーンの紹介とともに放送され、30%を超える高視聴率を記録した。7月10日が「ウルトラマンの日」とされているのはこのためである。

     TBSから支給された製作費は1クールにつき7000万円(1本につき約538万円)という破格の額であったが、ミニチュアを使った巨大特撮は莫大な費用が掛かり、妥協を許さぬ円谷英二のダメ出しによる撮り直しも相俟って赤字であった。毎週放送するのは予算的にも時間的にも余裕がなく、協議の結果、3クール39本の放送で一旦放送終了することが決定した。

     製作陣の苦悩はさておき、視聴率はほとんどの回で35~40%をキープする大ヒットとなり、第37話「小さな英雄」では最高視聴率42.8%という伝説的記録を叩き出した。

     最終回「さらばウルトラマン」でも37.8%をマーク。ウルトラマンがゼットンに倒されるという衝撃シーンに影響を受けた著名人も多く、大仁田厚や前田日明は「大人になったらゼットンを倒してウルトラマンの仇を取ろう」と格闘技を始めるきっかけになったと語っている。

     また、ゾフィーに命をもらってハヤタと分離し、宇宙に還っていくウルトラマンのラストシーンでは、当時の子どもたちがウルトラマンを一目見ようと窓を開けて夜空を見上げた、という逸話も残っている。

     特撮では、製作費の問題からか、都会の街中での戦闘・破壊は全体的に少なく、山や海、雪原、といった自然の中での戦闘シーンが多い。牧歌的で明るい作風のため、シリアスな内容に寄せた次作『ウルトラセブン』(1967)とファンの好みがよく分かれる。

     『ウルトラQ』を発展させ、今日まで続くウルトラシリーズの礎を築いた画期的作品である。


    cf.)「特撮のDNA」での展示はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/7747851.html


    cf.)前作『ウルトラQ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6654971.html


    cf.)次作『ウルトラセブン』総論はこちら→http://ultra-7.blog.jp/archives/6375058.html

    [参考]
    『ウルトラマン OFFICIAL DATA FILE』DeAGOSTINI.編©TSUBURAYA PRODUCTIONS
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ウルトラマン
    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
    たかの特撮ブログ - にほんブログ村

    このページのトップヘ